アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「☆3.5」のブログ記事

みんなの「☆3.5」ブログ

タイトル 日 時
「のぼさんとカノジョ?」1(モリコロス)
「のぼさんとカノジョ?」1(モリコロス) 【あらすじ/感想】 お人好しなのぼさんと女子力が高い幽霊とのハートフル同居コメディ。 「カノジョ?」というのがポイント。 姿が見えないからもしかしたらガチムチマッチョの大男かも知れません。 これはもしかして高度なBL!?Σ( ̄□ ̄lll) …という妄想はさておき内容は面白いです。 積極的なお隣さんを添えることで王道三角関係パターンになってますw なかなかのオススメ作品! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/09 12:52
「うちの妻ってどうでしょう?」1〜3(福満しげゆき)
 「うちの妻ってどうでしょう?」1〜3(福満しげゆき) 【あらすじ/感想】 たとえばこう…テレビとかで成功した人を見た時… 自分より年上ならほっとして…年下なら「コネか二世か金持ちにちがいない!」と嫉妬する人っているじゃないですか? それが福満しげゆき先生です… 他にもこう…福満先生はすぐ愚痴るしイライラするし妻にあたるんですけど… 不思議とこの漫画は読んでいてクスっとできて…読後感はさわやかなのです… それは…なんというかその…先生の自分を飾らない姿勢もいいのですが…先生の奥さんのカラッとしていて食い意地の張っている性格が…作品のバラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/23 21:55
「ウィッチクラフトワークス」1〜6巻(水薙竜)
「ウィッチクラフトワークス」1〜6巻(水薙竜) 【あらすじ/感想】 「多華宮君は私のお姫様だから」 ほむほむにお姫様抱っこされたい紳士淑女の皆さんは必読の書。 主人公の多華宮君がある日突然魔女に襲われ、同じクラスの高嶺の花・火々里さんに助けられるというストーリー。 キャラと設定が若干まどマギに似ていますがこちらが先です。 さらに当初の設定では多華宮君は女の子で百合漫画の予定だったとか。 (それ何てまどか?w) 個人的にはそっちのほうが良かったけど、 そういう人もそのうち多華宮君が可愛く見えてくるからきっと大丈夫!(何がw) ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/22 20:23
「あやかし古書庫と少女の魅宝」1〜2(ドリヤス工場)
「あやかし古書庫と少女の魅宝」1〜2(ドリヤス工場) 【あらすじ/感想】 平凡な男子高校生・国分寺イクオが祖父から受け継いだ古書店の店番をしていたある日、その古書店に隠されているという「魅宝(たから)」を狙う秘密結社の刺客に襲われる。 そして間一髪のところで金属を自在に操る「刀鍛冶(ソードスミス)」の「能力者(カテゴライズド)」八坂七星(やさかななせ)に助けられる。「魅宝」を守護する一族の末裔である七星がイクオの家に居候することになり、イクオは「魅宝」をめぐる能力者達の戦いに巻き込まれていく… …という、中学生が書いたような典型的ラノベ展開で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/12 22:24
「甘々と稲妻」1(雨隠ギド)
 「甘々と稲妻」1(雨隠ギド) 【あらすじ/感想】 残念な食生活をおくる父娘が料理のできない料理評論家の娘と出会い、一緒にごはんを作る漫画。 「家庭料理」と「家族」を結びつけた、最近売れるパターンにのせてきた感じの作品。 (「高杉さん家のおべんとう」「花のズボラ飯」「きのう何食べた?」などなど…) 雨隠ギド先生は「百合男子」で紹介されたせいで百合漫画家のイメージがあったので意外でしたw ちなみに主人公であるお父さんは高校教師であり、ヒロインことりさんはその生徒。障害のある恋に発展しそうな隙のない設定です。 「高杉さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/05 23:01
「新黒沢 最強伝説」1(福本伸行)
「新黒沢 最強伝説」1(福本伸行) 【あらすじ/感想】 前作の最後の戦いの後倒れた黒沢は実に8年もの間意識を失っていた。 しかし天国での生活に疑問を感じた黒沢についに目覚めの時が来たっ…! 多くの漫画ファンの心に「アジフライ」という単語を刻みつけ、 賛否両論のアレな最終回で物議をかもした伝説の作品「最強伝説黒沢」のまさかの続編っ…! みんなが夢にまで見た黒沢の復活っ…! しかし読み終えた時あなたはこう思うことでしょう。 …復活しなくても良かったかも。 いや、いい意味でw いい意味で本当にダメです。 黒沢さんって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/26 16:52
「喰う寝るふたり住むふたり」1〜2(日暮 キノコ)
 「喰う寝るふたり住むふたり」1〜2(日暮 キノコ) 【あらすじ/感想】 のんちゃんとリツコは付き合って10年、同棲8年の恋人以上夫婦未満のカップル。 そんな二人の生活を1話を前半・後半に区切ってそれぞれの視点から描く意欲作。 こういう形式の作品は短編では珍しくないですが、毎回これをやるというのが本作の凄いところ! 10年付き合っていても相手が何を考えてるかわからなかったりする二人を俯瞰して見られるのが面白いし、とても勉強になりますw ある意味全ての20代〜30代の男女にとって必読の書かも知れませんw 読んで損はないですよ〜(*^-')... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/11 21:31
「友だちの話」(漫画:山川 あいじ, 原作:河原 和音)
「友だちの話」(漫画:山川 あいじ, 原作:河原 和音) 【あらすじ/感想】 山川さんも河原さんも自分で漫画描けるのになぜコラボ? …と思いましたが、これは成功だったと思います。 山川さんの雰囲気のある絵柄と河原さんの描く「友情」の相乗効果がいい感じです。 河原さん原作の「俺物語」でも男同士の友情が(腐的な意味でもw)イイ感じでしたが、今回も女同士の友情、男同士の友情がメインテーマです。 私も経験がありますが、親友に恋人ができた・できそうな時の、 あの嫉妬のような相手を試したくなるようななんとも言えない感情が非常に上手に描かれています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 15:30
「テニスの王子様」全42巻(許斐剛)
「テニスの王子様」全42巻(許斐剛) 【あらすじ/感想】 <1〜23巻> 言わずと知れた能力バトルテニス漫画w そして想定外の面白さ。黒バスの6倍くらい面白いですww なぜこんなの(失礼w)が面白いか分析してみましたが、 この漫画、キャラも必殺技も出し惜しみしないでテンポ良く読ませてくれるんですよね。 それでいて手塚の能力(ちょw)や不二のトリプルカウンターはしっかり温存して期待感をもたせるという。 テニスを真面目にやってる人たちから見たら腹立たしい作品かもしれませんが、 漫画としては普通に面白いです。 なお、菊丸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/13 23:06
「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎)
「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎) 【あらすじ/感想】 現代の料理人が戦国時代にタイムスリップ。 あるある設定ですが面白いです。 こういうタイムスリップものは未来から来たことによるアドバンテージで主人公が活躍するのが王道ですね。 本作も主人公ケンが料理ひとつで人の心どころか政治や戦局さえ変えてしまうのが見どころです。 ただし、この作品のすごいところはただ単に昔の人間が知らない料理で驚かせるのではなく、戦国時代という食材も調味料も制限された時代で、食べる者の心を動かすために最も最適な料理をケンが作り出すところです。 つま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 18:48
「式の前日」(穂積)
 「式の前日」(穂積) 【あらすじ/感想】 ジャンルは少女漫画だけど日常ファンタジーがメインの短篇集。 読み終えた後に思わず読み返したくなる仕掛けが各話に施されているのが上手いです。 ただ、仕掛けは凝っているものの全体的に淡々とストーリーが進んでいく印象でした。 なお個人的に少しぐっと来たのは「夢見るかかし」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/25 10:21
「ドリフターズ」1〜3巻(平野耕太)
「ドリフターズ」1〜3巻(平野耕太) 【あらすじ/感想】 <1〜2巻> 全世界のいろんな時代の武将とか騎士とか軍人とかが ファンタジーな異世界に飛ばされて戦争する話。 誰かが「スーパー偉人大戦」って言ってましたw 「この漫画はまだ読んではいけない」と1年以上ず〜っと耐えていたのですが、 あまりに続刊が出ないので今回ついに読みました。 感想は…面白いのですが、やっぱりまだ読むのが早すぎたような… どんな偉人が出てくるのかワクワクしますが、 能力バトル要素はどうなのかなーとか思ったりしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 16:11
花もて語れ(片山ユキヲ)
花もて語れ(片山ユキヲ) 【あらすじ/感想】 朗読漫画。 地味な題材と華のない絵柄ですが…w 意外にも面白いです! 漫画という音を表現できない媒体でどう「朗読」を表現するのか? 本作では読み手が受け取ったイメージをド迫力で描いています。 そして読者が作品を理解できるようにきっちりと解釈を述べているため、 漫画でありながら文学作品を読み解く面白さを追体験できます。 なお、私はド迫力の朗読シーンから藤田和日郎氏の「月光条例」を読んでいるような感覚を受けたのですが、今さっき少し検索してみたところ作者の片山ユキヲ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:22
銀の匙(荒川弘)
銀の匙(荒川弘) 【あらすじ/感想】 農業高校の物語。 「動物のお医者さん」「もやしもん」に続く作品はこれ! コメディとしても面白いけど、農業を描く上で本来避けて通れない「家畜の命を奪って食べる」ということにきちんと向き合っていることが高く評価されている理由だと思います。 学校の図書館に置いてもいいんじゃないかという良作です。 読んで損はありません。オススメ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:08
娚の一生1〜4(西炯子)
娚の一生1〜4(西炯子) 【あらすじ/感想】 面白いです。「姉の結婚」の3.5倍(当社比)面白いです。 ヒロインは「姉の結婚」とキャラかぶってる気もしますがそこは気にしないw 30代半ばの女性と52歳の大学教授の恋愛という、 私にとっては普段読んだことのない設定だったのですが、普通に楽しめました。 大人の女性にオススメの作品です。 どうでもいいですが、BL回が面白かったですww ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:52
となりの801ちゃん1〜6(小島アジコ)
となりの801ちゃん1〜6(小島アジコ) 【あらすじ/感想】 非常に面白いです。 ただし分量から見て1000円で買うものではないと思いますw (私はブック◯フの105円コーナーで買い揃えました) 百合男子はキモいだけだけど801ちゃんは可愛いですね。 それからやおいと百合はやはり通づるものがあって、なんか変に納得したりしましたw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:41
「男子高校生の日常」全7巻(山内泰延)
「男子高校生の日常」全7巻(山内泰延) 【あらすじ/感想】 「可愛い女子高生のゆるい日常漫画とか描いとけば売れるんでしょ?」という風潮に対する アンチテーゼ的な作品……かどうかは定かではありませんww しかし、男子高生のどうでもいい日常ネタだけでここまで面白くできる作者の力量はすごいです。 そして男ばかりだからと言って「ある特定の層」にアピールすることもなく、 純粋なネタの面白さで勝負する姿勢にも好感が持てます。 あ、ちなみにメインの3人の名前は最後まで覚えられませんでしたwww (これもある意味すごいw) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:12
「未来日記」全12巻(えすの サカエ)
「未来日記」全12巻(えすの サカエ) 【あらすじ/感想】 11巻で重要な核心部分が明らかになり、「えー…」って思いましたw この作品はキャラといい設定といい、デジャヴを感じまくりなのですが、 まぁ「あらゆる作品は模倣である」みたいな言葉もあることですしw 私は深く考えずに「面白いかどうか」で判断したいと思います。 未来日記、面白かったです。結末も妥当だと思います。 ちょっと読んでみて面白いと思ったら最後まで読んで損はないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:02
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(谷川ニコ)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(谷川ニコ) 【あらすじ/感想】 これはいけません!危険な漫画です>< いわゆる「喪女を愛でる漫画」だと思うのですが、 読んでると「イタタタ!痛い!もうやめたげて!(´;ω;`)」てなります。 (いや、面白いんですけどねw) 主人公のもこっちは容姿的にも行動的にも明らかに可愛くないのですが、 読んでるとだんだん可愛く見えてくる…?気がします… とりあえず、辛い青春まっただ中の女の子は決して読んではなりません。非常に危険ですw 取り扱い注意…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:36
絶対可憐チルドレン(椎名高志)
絶対可憐チルドレン(椎名高志) 【あらすじ/感想】 私は「GS美神 極楽大作戦!!」が大好きだったんですけど、 「絶対可憐チルドレン」の方は主人公が子供とゆーことで今まで敬遠してました。 ・・・が!これは面白いです!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:28
竜の学校は山の上(九井諒子)
竜の学校は山の上(九井諒子) 【あらすじ/感想】 「勇者が魔王を倒した後、魔王の城はどうなる?」 「現代の日本にケンタウロスがいたら?天使がいたら?竜がいたら?」 この作品は、ファンタジーを現実的に描いた独特の雰囲気を持つ短篇集です。 そこから生まれるユーモアと哀愁がいい味出してます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:21
悪魔とドルチェ(鈴木ジュリエッタ:ザ花とゆめ)
悪魔とドルチェ(鈴木ジュリエッタ:ザ花とゆめ) 【あらすじ】 小倉マユリは悪魔を召喚できる女の子! いつもはお菓子と引き換えにかわいい使い魔に願い事をきいてもらっていたけど、 ある日うっかり大悪魔ベルゼビュートを召喚してしまい・・・!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/20 23:24
あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度(岡崎 いずみ)
あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度(岡崎 いずみ) 【あらすじ】(ネタバレ注意!) 「美子ちゃん!憧れのセンパイにラブレター出したいんだけど あたし字が超下手なの!どうしよう!」 「そんなあなたには60年の歴史があって先生方も超一流ぞろいの日ペンがおすすめよ!」 「でもあたし通信教育とか続かないしぃ…」 「大丈夫!日ペンなら一日たった20分の練習でいいの! テキストはバインダー式だし、実用新案の文字練習機で誰でも綺麗な字が 書けるようになるのよ! なんとペン字検定一級の合格者の4割が日ペンの出身者なんですって!」 「じゃあやって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 22:49
「花の名前」全4巻(斎藤けん:LaLa DX)
「花の名前」全4巻(斎藤けん:LaLa DX) 【あらすじ】 事故で両親を失い、ショックから心を閉ざしてしまった蝶子。 そんな彼女を引き取ったのは遠縁の小説家・京だった。 自らも心に闇を抱える京が、小説「花名」に込めた想いとは・・・!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 18:40

トップへ | みんなの「☆3.5」ブログ

漫画レビューブログ:カピ原温泉 ☆3.5のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる