アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「☆4」のブログ記事

みんなの「☆4」ブログ

タイトル 日 時
「たそがれたかこ」1〜3巻(入江喜和)
 「たそがれたかこ」1〜3巻(入江喜和) 【あらすじ・感想】 45歳バツイチ子持ちのたかこさんの青春ストーリー。 数ページ読んだだけで「で、でたーー!!今度はアラフォー女子に夢を与える漫画ですねわかります」と思いましたが、これはちょっと一味違いました。 本作は他のアラサーアラフォー女子作品とは違い、イケメンと都合よく三角関係になってモテモテになったりはしませんw たかこさんが偶然出会ったちょいワルモテおじさんは普通に若くて可愛い子と付き合うし、 ちょいワルおじさんの真面目な甥っ子はたかこさんの娘(若くて美人)に一目惚れするし、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 21:48
「私がモテてどうすんだ」1〜4巻(ぢゅん子)
「私がモテてどうすんだ」1〜4巻(ぢゅん子) 【あらすじ・感想】 ホモが好きなぽっちゃり腐女子がアニメキャラが死んだショックで痩せたら美人になってイケメンン4人にモテモテで逆ハー状態という話。 カピ原イチオシのこの作品、信じられないことにコミックナタリー漫画大賞3位に入賞しましたww http://comic-award.natalie.mu/2014/ というわけで、この作品の何が凄いのかを私も解説しちゃいます(`・ω・´)ゞ まず設定なのですが、「ぽっちゃり腐女子が痩せて美人になったらイケメン達にモテモテ」という王道にも程があ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/24 23:10
「さよならタマちゃん」(武田一義)
 「さよならタマちゃん」(武田一義) 【あらすじ/感想】 35歳のベテラン漫画家アシスタントである作者の精巣腫瘍闘病記。 作者が抗癌剤の副作用と戦う姿や病棟の人間模様が主に描かれています。 もちろん闘病記ですから読んでいてあまり楽しいものではありませんが、作者が病気に打ち勝って漫画家としてデビューするという前向きな展開なので読後感は爽やかでした。 そしてこの作品を読んでおくことで、あなたやあなたの大切な人の命が助かるかもしれません。 貴重な追体験が出来るという意味でもおすすめの作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/04 22:32
「宮田書店へようこそ!水あさと短編集」(水あさと)
「宮田書店へようこそ!水あさと短編集」(水あさと) 【あらすじ/感想】 女の子の泣き顔に定評のある水あさと先生の短編集。 ラブコメあり、学園ファンタジーあり、きらら系4コマあり、そしていつもの本屋さんコメディありの盛りだくさんの一冊! (以下各話解説です) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 21:40
「あるみちゃんの学習帳」1〜2(金田一蓮十郎)
「あるみちゃんの学習帳」1〜2(金田一蓮十郎) 【あらすじ/感想】 あらすじ→「御堂くんにロボバレしたら嫌われちゃうよ!><」 金田一先生お得意のいつものパターンですw 今回もキャラが魅力的かつ展開が速い!! あるみちゃんが可愛いのはいいとして、私はお兄ちゃんが好きです。 このお兄ちゃんは「ニコイチ」のちょい役の三澤君がモデルのようですが、 ちょい役にも関わらず異常な魅力を持っていて「あ〜、三澤君もライアー×ライアーの弟くんみたいに他作品でも使い回せばいいのに…」と思っていた私にどストライクでしたw(補足説明あり) そしてお兄ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 21:03
「ヒストリエ」1〜8巻(岩明均)
「ヒストリエ」1〜8巻(岩明均) 【あらすじ/感想】 アレクサンドロス大王の書記官・エウメネスを描いた歴史漫画。 あまりに面白すぎて巻数が進むまで読むのを我慢していた作品です。 相当待った気がするのですが、6巻まで既読でしたw そして土台部分の序盤があれほど面白いにも関わらず、 エウメネスが書記官として本格的に活躍し始めるのが7巻からという…w まさにこれからさらに面白くなっていくことが予想されるのですが、 それに反して刊行スピードが超遅いので非常にオススメしにくいです。 そう、これは面白すぎて今はまだオススメし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 22:47
「山賊ダイアリー」1〜4巻(岡本健太郎)
「山賊ダイアリー」1〜4巻(岡本健太郎) 【あらすじ/感想】 レンタルでパラパラとめくった瞬間、「これは買ったほうがいいのでは?」という感覚に。 絵は上手くないですが、少し見ただけで感じ取れる濃密な題材の気配…そして実際面白かったです。 内容は、業界初!?の猟師入門漫画。 現代日本でも試験や許可などの手順を踏めば、誰でも実銃で猟ができる。 でも実際どうなってるの?猟ってどんな感じ?という知的好奇心が満たされまくりです。 そして「銀の匙」と同じく他の生物の生命を奪って食べることがメインテーマになっていますが、 こちらは全然重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/13 16:04
ひきだしにテラリウム(九井諒子)
ひきだしにテラリウム(九井諒子) 「ひきだしにテラリウム」九井諒子 最短で2ページの短編33篇がぎゅっと詰まった短篇集。 不思議なお買い得感がありますw 以下気になる作品をピックアップして感想を書きます(`・ω・´)ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/21 21:06
「プレゼントは真珠」全4巻(斎藤けん)
「プレゼントは真珠」全4巻(斎藤けん) 【あらすじ/感想】 ヘタレチックノーブルコメディ。 シリアスな作品に隠れた定評のある斎藤けん氏の100%ギャグ作品。 今回は誰も死なないので安心して読んでくださいww なお第1話にちょっとしたオチがあるので予備知識無しで読むことをオススメします! もともとは読み切りで発表された作品ですが、上手く連載作品に軌道修正しています。 (中堅以上の作家に対してすらこういう扱いをするLaLaDX編集部の方針には異論ありですが…) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 14:20
「ねじ巻き真野さん」斎藤けん
「ねじ巻き真野さん」斎藤けん 【あらすじ/感想】 カピ原がずっと密かに応援している斎藤けんさんの短篇集。 「クラスで浮き気味の転校生真野さんがある日隣の席の野田くんに弱みを握られ…」 …というあらすじには本作の面白さを伝える上で何の意味も持ちませんw けんさんの作風はシリアスとコメディの振れ幅が非常に大きく、 さらに時として少女漫画のレベルを超越した構成の作品を書いたりします。 (少女漫画なのに普通にヒロインが死んだりしますw) 「ねじ巻き真野さん」においてもそれは健在で、シリアスなのかコメディなのか、 危う... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/13 13:53
「orange」1〜2巻(高野 苺)
「orange」1〜2巻(高野 苺) 【あらすじ】 主人公のもとにある日未来の自分から手紙が届き、 そこにはこれから起こる毎日の出来事と「翔を救ってほしい」というメッセージが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/19 16:36
「たいようのいえ」1〜7(タアモ)
「たいようのいえ」1〜7(タアモ) 【あらすじ/感想】 まず絵が可愛い。ドストライクです。 内容はよくある同居モノです。でも気にしない。 オリジナリティなんてものは幻想です。 問題は面白いかどうかで、この漫画は面白いです。 ちなみに私のお気に入りはラジカルさん。 キラッキラした笑顔で「おち(自主規制)ランド開園ですね!」とか口走りそうで怖いw この絵柄とストーリーで唐突にラジカルさんがとんでもない発言をするのが笑えますw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:14
「俺物語」1〜4(作画:アルコ、原作:河原和音)
「俺物語」1〜4(作画:アルコ、原作:河原和音) 【あらすじ/感想】 このマンガがすごい!2013オンナ編1位。 去年の1位「花のズボラ飯」は「…え?」と思いましたが、今年は納得。面白いです。 少女漫画の主人公にゴリラ系男子をもってきたのは初めて見ましたww でも私のお気に入りは主人公・猛男の親友、イケメン砂川君です。 ぽっと出の女に猛男を取られた彼が不憫すぎて萌えます。え?そういう話じゃないって?w 恋愛漫画の基本である三角関係に同性を持ってきたこともまた斬新な表現ですね。 え?なんですって? いや、これどう見てもBLですよね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:10
「かくかくしかじか」1巻(東村アキコ)
「かくかくしかじか」1巻(東村アキコ) 【あらすじ/感想】 作者の自伝漫画。 時間を忘れて一気に読み終えました。 非常に面白いです!! 1巻は作者の美大入試あたりのエピソードなのですが、 センター試験を裏ワザとオカルトでどうにかしようとするところが笑えましたww ええ、私も昔裏ワザ本買いましたよ…w 安心して広くおすすめできる良作です(*^-')b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:05
ちはやふる(末次由紀)
ちはやふる(末次由紀) 【あらすじ/感想】 内容は今さら説明するまでも無いかもしれませんが、 競技かるたを題材にした作品です。 マイナー競技にスポットを当てて、初心者の主人公が成長するのを描くのは王道ですね。 「SLAMDUNK」「ヒカルの碁」「弱虫ペダル」あたりが好きな方にはイチオシです。 …って少年漫画ばかりなのですが、そういう熱さが「ちはやふる」にはあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:18
「医龍」全25巻(乃木坂 太郎 )
「医龍」全25巻(乃木坂 太郎 ) 【あらすじ/感想】 1巻からすでに面白い稀有な作品。 途中主人公の朝田先生がフラフラしだして中だるみを感じますが、 ラストは素晴らしいスピード感。 ちなみに私のイチオシは研修医の伊集院くん。 「凡人」が成長する姿は最高ですね。本当の主人公は彼かも。 紛れも無い名作です。オススメ!(*^-')b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:03
「空が灰色だから」全5巻(阿部共実)
「空が灰色だから」全5巻(阿部共実) 【あらすじ/感想】 うかつに人にオススメできない傑作短篇集! はっきり言って病んでますw 一時期ネット上で話題になった(?) この漫画http://omasoku.blog90.fc2.com/blog-entry-514.htmlを描いた人の作品です。 上記の漫画の印象が強かったので警戒していたのですが、 「空が灰色だから」は意外とポジティブでした。私から見たら、ですがw しかし、このストーリーを週間でポンポン描いてると想像すると… いろんな意味で怖いですね…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:44
第七女子会彷徨 1巻(つばな)
第七女子会彷徨 1巻(つばな) 【あらすじ/感想】 メインキャラの性格と会話のテンポが「それ町」に激似です。 プロとしてそれはどうなの?ってレベルの似方ですが、 それ町の石黒先生公認の雰囲気なのでこれ以上突っ込むのはやめますw (作者は石黒先生の元アシスタントというウワサです) なおSFネタは非常に面白いです。 それ町のミステリネタより面白いかも。 それだけにキャラにオリジナリティがないのが惜しいです。 でもこのキャラだからこそSFネタが引き立つ気もするわけで… 結論! 「七女は石黒先生公認のそれ町SF版」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:43
町でうわさの天狗の子(岩本ナオ:flowers)
 町でうわさの天狗の子(岩本ナオ:flowers) 【あらすじ】 天狗と人間のハーフだけど、ちょっと力持ちということ以外はごくフツーの女の子・秋姫の恋愛やらなんやらを描いたほのぼのファンタジー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/24 21:42
「with!!」全4巻 (斎藤けん:ララDX)
「with!!」全4巻 (斎藤けん:ララDX) 【あらすじ】 賀茂口真砂は顔も運動も成績も「普通」の少女。 一方超シスコンの兄・司朗はなんでもできるカリスマ生徒会長。 しかし、ある日司朗は真砂をかばって事故死してしまう。 ところがなんと、死んだはずの司朗の意識が真砂の中に「同居」してしまい…!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/21 22:37
亡鬼桜奇譚 (斎藤けん:LaLa)
亡鬼桜奇譚 (斎藤けん:LaLa) 【感想】 重いです。だけど深くて、愛に満ちています。 「HUNTER×HUNTER」が少年漫画の枠を超えているように 彼女の作品も少女漫画の枠を少し超えている気がします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/21 13:29
めるぷり メルヘン☆プリンス(樋野まつり:LaLa)
めるぷり メルヘン☆プリンス(樋野まつり:LaLa) 【あらすじ/感想】 素敵な恋を夢みる愛理は迷子の少年アラムと出会う。 そして幼い彼の面倒を見るが、実はアラムは魔法王国の王子様! とある魔法をかけられた彼は、一晩明けると大きく成長していて…!? 乙女VS王子様ラヴリーロマンス★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/18 20:27
スワンレイク (樋口橘:花とゆめコミックス)
スワンレイク (樋口橘:花とゆめコミックス) 【あらすじ/感想】 短編集。表題作の「スワンレイク」はカレカノと山田太郎ものがたりを足して2で割ったような漫画です(笑) でもおもしろいから許します。 ちなみに私は一緒に収録されている「人魚」と「かえる王女」の方が気に入ってます。 こっちの2作はシリアスな感じですが、読後感がすごくいいです。 あと作者の趣味により主人公は美少女揃いです(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 20:34
お迎えです。(田中メカ:花とゆめコミックス)
お迎えです。(田中メカ:花とゆめコミックス) 【あらすじ】 変なウサギの着ぐるみを着た人とかがあの世からお迎えに来て、 主人公はなぜかバイトでそれを手伝うハメになるというストーリー。 ポップなノリの切ない漫画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/02 17:02

トップへ | みんなの「☆4」ブログ

漫画レビューブログ:カピ原温泉 ☆4のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる