アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「は行の作品」のブログ記事

みんなの「は行の作品」ブログ

タイトル 日 時
「ふだつきのキョーコちゃん」1(山本崇一朗)
 「ふだつきのキョーコちゃん」1(山本崇一朗) 【あらすじ/感想】 ツンデレ妹人外コメディ。 シスコンヤンキー札月ケンジの妹キョーコは普段はツンツンでそっけない感じ。 ところがリボンがほどけると封印されていた「キョンシーの吸血衝動」と「お兄ちゃん大好き衝動」が開放されて素直にデレつつ噛み付いてくる…という設定。 兄ケンジはシスコンではなく、妹に近づく男がうっかりリボンをほどいてキョーコに襲われるのが心配だと言い張りますが…どう見てもシスコンですw 「ツンツン→リボンが解けてデレながら襲いかかってくる→リボンを結んで封印→キョーコが本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/17 22:58
「僕だけがいない街」3(三部けい)
 「僕だけがいない街」3(三部けい) 【1〜2巻の感想はこちら】 http://nekoashi.at.webry.info/201401/article_19.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/14 21:44
「バベルの図書館」(つばな)【考察あり】
「バベルの図書館」(つばな)【考察あり】 【あらすじ】 「ある不思議な能力」を持つ渡瀬くんと、天使の存在を信じる相馬さん。 ある日二人が一言一句まで同じ作文を書いたことから物語が始まった… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 23:46
「干物妹!うまるちゃん」1〜2巻(サンカクヘッド)
「干物妹!うまるちゃん」1〜2巻(サンカクヘッド) 【あらすじ/感想】 妹の「うまる」は外では容姿端麗才色兼備の美少女だけど、 家では二頭身でひたすらダラダラゴロゴロする干物妹(ひもうと)! この手のギャップものの作品は「外用」の美少女になった時の可愛さが売りなものがほとんどですが、 うまるちゃんの場合は二頭身のままお兄ちゃんに甘えたりダダをこねたりするうまるちゃんの方がむしろ可愛く見えてくるのが大きな魅力!! そしてダメ生活を送るうまるちゃんを見守り、しかり、結局甘やかすお兄ちゃんの愛も素晴らしい! 1話あたりのページ数が少ないせい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/25 21:37
「日々蝶々」1〜5(森下suu)
「日々蝶々」1〜5(森下suu) 【あらすじ/感想】 学校一の美少女すいれんが硬派で不器用な空手部の川澄くんに助けられ気になり始め… という王道少女漫画。 すいれんも川澄くんもコミュ障レベルで異性と上手く話せないのがポイントです。 特にすいれんは最初の頃は「フリフリ」と「こくり」しかできないレベルですが… 表情から心情がとても良く伝わってきます。 不器用すぎる二人がどう頑張るのかが見どころ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/25 20:02
「ヒストリエ」1〜8巻(岩明均)
「ヒストリエ」1〜8巻(岩明均) 【あらすじ/感想】 アレクサンドロス大王の書記官・エウメネスを描いた歴史漫画。 あまりに面白すぎて巻数が進むまで読むのを我慢していた作品です。 相当待った気がするのですが、6巻まで既読でしたw そして土台部分の序盤があれほど面白いにも関わらず、 エウメネスが書記官として本格的に活躍し始めるのが7巻からという…w まさにこれからさらに面白くなっていくことが予想されるのですが、 それに反して刊行スピードが超遅いので非常にオススメしにくいです。 そう、これは面白すぎて今はまだオススメし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 22:47
「僕だけがいない街」1〜3三部けい
「僕だけがいない街」1〜3三部けい 【あらすじ/感想】 尋常じゃなく面白いです。 もう少し早く読んでいたら「カピ原版このマンガ」の10位あたりに滑りこんでたと思います。 内容は一種のタイムリープもの。 主人公の身の回りに事故などの「悪い事」が起こるとき、 「それを防げ」と強制されるかのように事故の1〜5分前を何度も繰り返してしまうという設定。 主人公は制御できないこの現象を「再上映(リバイバル)」と呼んでいます。 こういう設定だと作品に緊張感がなくなってしまいがちですが、演出が上手く非常にスリリングです。 そして複... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 22:33
「ほんとにほんとにほんとにほんとにライオン田!」1(石神 しし)
「ほんとにほんとにほんとにほんとにライオン田!」1(石神 しし) 【あらすじ/感想】 しゃべるライオン、ライオン田くんが女性週刊誌の編集部で働く話。 タイトルを見てゲオで手に取りました。 そしてパラパラページをめくって衝撃が! 佐々木倫子のスタイル丸パクリじゃん!!Σ(゚Д゚;) 参考…というか全部読めます→http://yawaspi.com/raionda/ これはいけませんww 佐々木先生がアシスタントにのれんわけしたとはっきり公言しないと許されないレベル。 というか、もし仮に佐々木先生公認だとしたら私の敬愛する佐々木先生の人間性を疑うレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/29 14:02
「ハイスコアガール」4巻初回限定特装版(押切蓮介)
「ハイスコアガール」4巻初回限定特装版(押切蓮介) 【感想】 今日は待ちに待ったハイスコアガールの最新刊を買ってきました! お昼休みにAmazonをのぞくと特装版が既にプレミア価格になっていて、 これはもう新品では入手不可能かと思いましたが… 仕事の合間にこっそり置いてそうな書店に電話で取り置きしてもらって入手しました!(`・ω・´) …いや、帰りに寄ったら普通に平積みだったんですけどね(´・ω・`) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/25 22:46
ひきだしにテラリウム(九井諒子)
ひきだしにテラリウム(九井諒子) 「ひきだしにテラリウム」九井諒子 最短で2ページの短編33篇がぎゅっと詰まった短篇集。 不思議なお買い得感がありますw 以下気になる作品をピックアップして感想を書きます(`・ω・´)ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/21 21:06
ヒーローズ・カムバック
ヒーローズ・カムバック 「ギャラリー・フェイク」の細野不二彦氏の呼びかけで実現した、 有名作家の連載終了作品の新作読み切りを集めたチャリティー短編集。 収益は東日本大震災の寄付に使われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/12 22:11
「flat」1〜6巻(青桐ナツ)
「flat」1〜6巻(青桐ナツ) 【あらすじ/感想】 マイペースな高校生平介(趣味:お菓子作り)がいとこの忍耐強い保育園児あっくんになつかれるハートフルほのぼの漫画。 主人公の平介には好感がもてるし、あっくんは健気で可愛いです。 しかし…「真面目な」一年生の人がウザいです。悪い意味で。しかもしつこいw あとヒロイン的雰囲気のキャラをどう扱うかでこの作品の方向性がわかりそう… と1巻時点で思ったのですが、予想通りのもの超脇役ポジションでした。 そういう方向性なら仕方ないのかも知れませんが、個人的にはもったいないなぁと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 21:52
「ひばりの朝」1巻(ヤマシタトモコ)
 「ひばりの朝」1巻(ヤマシタトモコ) 【あらすじ/感想】 このマンガ2013オンナ編4位。 中学2年生にしては大人びた容姿で周りから誤解されるひばり。 そのひばりの周りの人々の視点で、1話につき一人のオムニバス形式で物語が進みます。 1巻の最後で初めてひばりの視点になって、ひばりの考えていることがわかる仕組みです。 構成としては1巻完結が綺麗な形になりそうな感じですが、2巻以降もあるようです。 確かに、状況がわかってここから話が進む感じですが… 2巻以降が1巻より魅力的になるのは相当難しい気がします。 それから読むの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 15:54
「ぼくらのフンカ祭」(真造圭伍)
「ぼくらのフンカ祭」(真造圭伍) 【あらすじ/感想】 このマンガ2013の11位。 平凡な町が火山の噴火・温泉の湧出で活気づく。 文化祭の前日のようなワクワク感と男の友情が印象的な作品。 絵もストーリーもそれほど魅力的ではないのですが、 全編を通じて作品に漂う高揚感は独特です。 買うほどではないけど読後感はさわやかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 15:48
「プレゼントは真珠」全4巻(斎藤けん)
「プレゼントは真珠」全4巻(斎藤けん) 【あらすじ/感想】 ヘタレチックノーブルコメディ。 シリアスな作品に隠れた定評のある斎藤けん氏の100%ギャグ作品。 今回は誰も死なないので安心して読んでくださいww なお第1話にちょっとしたオチがあるので予備知識無しで読むことをオススメします! もともとは読み切りで発表された作品ですが、上手く連載作品に軌道修正しています。 (中堅以上の作家に対してすらこういう扱いをするLaLaDX編集部の方針には異論ありですが…) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 14:20
「式の前日」(穂積)
 「式の前日」(穂積) 【あらすじ/感想】 ジャンルは少女漫画だけど日常ファンタジーがメインの短篇集。 読み終えた後に思わず読み返したくなる仕掛けが各話に施されているのが上手いです。 ただ、仕掛けは凝っているものの全体的に淡々とストーリーが進んでいく印象でした。 なお個人的に少しぐっと来たのは「夢見るかかし」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/25 10:21
「範馬刃牙」34〜37巻(完結)(板垣恵介)
 「範馬刃牙」34〜37巻(完結)(板垣恵介) 【感想】 憎むべき父との最終決戦。 母を殺した父は本当に憎むべき相手なのか。 強さとは何か。最強とは何か。 単純な戦いでこれを決着させなかったところが良かったです。 ある意味HUNTERXHUNTER的…と言ったら褒めすぎですが、似たところがありましたw 「範馬勇次郎と食事する」というギャグ回に見えた回が ラストへの重要な伏線になっているのもナイス。 勇次郎からダウンを奪った刃牙の頭を勇次郎が撫でようとし、 刃牙がそれを拒むシーンは今までを思うと胸に来るものがありました。 く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/19 16:40
ハチワンダイバー 26〜27巻(柴田ヨクサル)
ハチワンダイバー 26〜27巻(柴田ヨクサル) <26巻感想> 相変わらず面白いです。しかもわかりやすい。 私は将棋については駒の動かし方を知ってる程度の素人ですが、 そういう人間が読んでそう感じるのは凄いことです。 毎回イメージ映像(?)が面白いのに加え、 今回は「入玉」という素人から見ても派手な戦術で面白かったです。 何度も言いますが、監修が付くような作品で「分かりやすくて面白い」というのは凄いことだと思います。 (この作品の本当の面白さがわかるのは将棋をやりこんでる人なのかもしれませんが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:07
ボールルームへようこそ 1〜3巻(竹内友)
ボールルームへようこそ 1〜3巻(竹内友) 【あらすじ/感想】 このマンガがすごい!2013の9位。 社交ダンス漫画。 「何の取り柄もないさえない主人公がマイナー競技で天才的な才能を開花させ…」系の漫画。 売れる黄金パターンですw 感想は…面白…くなくはないんだけど…なぜかのめりこめず。 なぜだろうと思いちょっと分析してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:06
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~(吉本浩二:イラスト, 宮崎克:原著 )
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~(吉本浩二:イラスト, 宮崎克:原著 ) 【あらすじ/感想】 このマンガがすごい!2012の1位。ようやく読みました。 この漫画がすごいというより、手塚治虫がすごいという感想でしたw 特に原稿が全く出来てない状態で手塚先生がアメリカからアシスタントに電話で指示して… というエピソードがすごかったです。 漫画のネタになるようなとんでもないことを現実にやってのけるというのが… 「このマンガ」1位というのはどうかな、とは思いますが、読んどいて損はないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:01
ヒナまつり1〜5(大武政夫)
ヒナまつり1〜5(大武政夫) 【あらすじ/感想】 古本で発見し、手に取ってパラパラめくった瞬間カピ原に電撃走る…! 「これはむしろ新品で買った方がいいのでは…?」 ※カピ原は漫画をパラパラ見るだけである程度面白さを判別するスキルがあります(自称) …というか、表紙の時点でもう普通じゃないレベルの主張をしてるんですよね、この漫画。 買って帰って、読み始めたら案の定止まりませんでしたw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 20:51
花もて語れ(片山ユキヲ)
花もて語れ(片山ユキヲ) 【あらすじ/感想】 朗読漫画。 地味な題材と華のない絵柄ですが…w 意外にも面白いです! 漫画という音を表現できない媒体でどう「朗読」を表現するのか? 本作では読み手が受け取ったイメージをド迫力で描いています。 そして読者が作品を理解できるようにきっちりと解釈を述べているため、 漫画でありながら文学作品を読み解く面白さを追体験できます。 なお、私はド迫力の朗読シーンから藤田和日郎氏の「月光条例」を読んでいるような感覚を受けたのですが、今さっき少し検索してみたところ作者の片山ユキヲ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:22
「ハイキュー!!」1〜3(古舘春一)
「ハイキュー!!」1〜3(古舘春一) 【あらすじ/感想】 前から気になっていた+このマンガ2013の4位ということでレンタル! 清々しいまでの青春王道バレー漫画。 悪い意味でなく、スラムダンクみたいな面白さ。 ポジションの穴を埋める優秀な選手が都合よく後から出てくる展開もスラムダンクを彷彿とさせますが、週刊連載でテンポ良く読者を楽しませるにはキャラの地道な成長を描くよりもこちらが正解なのかも…。 とにかくストレスなくストーリーや試合がサクサク進み、 バレーという競技の面白さをしっかり描いている良作です。 読んで損なし!... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:02
ハナコ@ラバトリー(原作:施川ユウキ、作画:秋★枝)
ハナコ@ラバトリー(原作:施川ユウキ、作画:秋★枝) 【あらすじ/感想】 スマホでブログを書くのが趣味のトイレの花子さんが活躍する…というわけでもない、 ほのぼのハートフルミステリー。(多分w) 毎回意外な仕掛けがあったりしてつい読み返しちゃいます。 そして予想外の百合ネタ。 もしかして本当に最近百合が流行っているのでしょうか…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:48
ふら・ふろ(カネコマサル)
ふら・ふろ(カネコマサル) 最初はよくある日常系かーとピンとこなかったのですが、 だんだんじわじわ心地よくなってきましたw 雰囲気はゆるゆりや苺ましまろに似ている感じ。 苺ましまろは倫理的な感覚が合わなくて読めませんでしたが、 ふら・ふろはそういう心配は全く無さそうです。 (漫画に倫理も何も…と私自身思うのですが、苺ましまろはほんとにダメでした。ジャンルは全然違いますが、BLACK LAGOONが合わないと思った時の感覚に似ています) ふら・ふろも寝る前に読むのに良さそうです(*´ω`*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:38
ブルーフレンド(えばん ふみ )
ブルーフレンド(えばん ふみ ) これ、どう見ても百合なのですが、作者が安易に「百合」という位置づけをしないところが作品にリアリティを持たせていていいと思います。 また百合とヤンデレは相性良いような気がしますw (ゆるゆりの作中アニメ「地獄の底へもついていく」の再登場希望ww) しかし…嘘みたいだろ?この漫画りぼんで連載されてたんだぜ…?w コミック百合姫に移籍した方が自然な気がします(^_^;) 百合だけどソフトな表現なのでよいこのみんなも安心だよ!(*^-')b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:06
ばくおん!! 1巻(おりもとみまな)
ばくおん!! 1巻(おりもとみまな) まずはこいつを見てくれ。どう思う? http://blog-imgs-46.fc2.com/y/a/r/yaraon/news_large_bakuo... (すごく…けいおんです…w) 最近ののダークホース。 恥ずかしげもなくあからさまにけいおんをパクってますwww さすが秋田書店…何をやっても許されるんだな…w と思いつつも借りて読んでみたら普通に面白かったですΣ( ̄□ ̄lll) 私はバイクの知識はゼロなのですが、それでも笑わせてもらいましたw 「バイ太」とか「ニコイチモータ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:56
鬼灯の冷徹(江口 夏実 )
鬼灯の冷徹(江口 夏実 ) 【あらすじ/感想】 地獄の閻魔大王のイケメン補佐官・鬼灯(ほおずき)が主人公のギャグ漫画。 うんちく漫画としても面白いです。 セイントおにいさんが好きな方にオススメ。 女性も楽しめる青年漫画だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:55
「ハイスコアガール」1〜5巻(押切蓮介)
「ハイスコアガール」1〜5巻(押切蓮介) 【あらすじ/感想】 <1巻> 「でろでろ」で一部の漫画好きな人々に好評価されている押切さんの ちょっとレトロなアーケード・ラブコメディーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:31
「惑星のさみだれ」全10巻(水上悟志)
「惑星のさみだれ」全10巻(水上悟志) 【あらすじ】※裏表紙から要約 平凡学生の雨宮夕日はある日現れたしゃべるトカゲに 地球の危機を救う協力を依頼される。 聞けば、今地球は魔法使いの「ビスケットハンマー」に砕かれつつあるという。 拒否するも、突然敵に襲われた夕日を助けたのはお隣の女子高生・さみだれ。 救世主かとおもいきや実は彼女は地球破壊を企んでいた。 彼女に惹かれ忠誠を誓った夕日は軟弱騎士として日々奮闘中・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:24
「花の名前」全4巻(斎藤けん:LaLa DX)
「花の名前」全4巻(斎藤けん:LaLa DX) 【あらすじ】 事故で両親を失い、ショックから心を閉ざしてしまった蝶子。 そんな彼女を引き取ったのは遠縁の小説家・京だった。 自らも心に闇を抱える京が、小説「花名」に込めた想いとは・・・!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 18:40
ハチミツとクローバー(羽海野チカ:クイーンズコミックス)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ:クイーンズコミックス) 【あらすじ】 6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら結構楽しい生活を送る美大生、森田、真山、竹本の3人。 そんな彼らが、花本はぐみと出会い……!? 登場人物全員が誰かに片思いという状況から始まる青春ラブストーリーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/11/20 22:30

トップへ | みんなの「は行の作品」ブログ

漫画レビューブログ:カピ原温泉 は行の作品のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる