アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「☆2.5」のブログ記事

みんなの「☆2.5」ブログ

タイトル 日 時
「幽霊な彼女と心霊な僕」1(南国ばなな)
「幽霊な彼女と心霊な僕」1(南国ばなな) 【あらすじ/感想】 霊感ゼロだけど心霊現象大好きな主人公とツンデレ幽霊(ただし顔がグチャグチャで怖い:(;゙゚'ω゚'):)のドキドキ同棲変態ラブコメディ。なんだそれ。 幽霊の顔が完全に悪霊なのでラブとか言ってる場合じゃない雰囲気なのですが、主人公の恐れを知らない変態的アプローチで幽霊が追い詰められたりなんかいい雰囲気になっちゃったりするギャグ漫画w ひとコマだけ出てくる幽霊の生前の顔が可愛かったり、心霊現象大好きなおとなりさん(女子)の投入で三角関係にしてヒロイン(幽霊)に揺さぶりをかけ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/09 20:39
「月刊少女野崎くん」1〜3(椿いづみ)
 「月刊少女野崎くん」1〜3(椿いづみ) 【あらすじ/感想】 主人公佐倉千代が絶賛片思い中の野崎くんは実は少女漫画家だった! 少女漫画を描いてるのに超鈍い野崎くんに果たして千代の想いは伝わるのか!? …という恋愛展開にはならず、95%はギャグですw 漫画家あるあるネタが多いです。 ちなみに私は作者の椿いづみ先生の「親指からロマンス」が好きだったので、かなり前から気になっていたのですが、ついに読みました。 少女漫画誌から一般誌(ガンガンオンラインですが)に移って成功しているのは喜ばしい限りですね(*´ω`*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/02 20:50
「さばげぶっ!」1〜5(松本ひで吉)
「さばげぶっ!」1〜5(松本ひで吉) 【あらすじ/感想】 4文字系女子高生…のパロディ的な作品…?w 転校生モモカがなんやかんやでサバゲー部に引きずり込まれてあんまり部活はやらないコメディw もともと少年誌で「ほんとにあった!霊媒先生」を連載してた作者が、なかよしで連載するという意味不明な作品ですが、絵柄とかコマ割りとか全体の雰囲気はちゃんと少女漫画になってます。 でも…少女漫画としては何かがおかしい…そこが魅力ですw 巻が進むと「めくり」技術(?)も上手くなってクスリとさせられることも。 なお銃器の細かい知識についてあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/22 21:30
「ひばりの朝」1巻(ヤマシタトモコ)
 「ひばりの朝」1巻(ヤマシタトモコ) 【あらすじ/感想】 このマンガ2013オンナ編4位。 中学2年生にしては大人びた容姿で周りから誤解されるひばり。 そのひばりの周りの人々の視点で、1話につき一人のオムニバス形式で物語が進みます。 1巻の最後で初めてひばりの視点になって、ひばりの考えていることがわかる仕組みです。 構成としては1巻完結が綺麗な形になりそうな感じですが、2巻以降もあるようです。 確かに、状況がわかってここから話が進む感じですが… 2巻以降が1巻より魅力的になるのは相当難しい気がします。 それから読むの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 15:54
「ぼくらのフンカ祭」(真造圭伍)
「ぼくらのフンカ祭」(真造圭伍) 【あらすじ/感想】 このマンガ2013の11位。 平凡な町が火山の噴火・温泉の湧出で活気づく。 文化祭の前日のようなワクワク感と男の友情が印象的な作品。 絵もストーリーもそれほど魅力的ではないのですが、 全編を通じて作品に漂う高揚感は独特です。 買うほどではないけど読後感はさわやかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 15:48
「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ)
「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ) 【あらすじ/感想】 勉強嫌いの現代っ子サブローが戦国時代にタイムスリップして信長と入れ替わる話。 現代っ子の感覚がなんかイイ方向に働いて、 なんだかんだで史実通りに信長やってるのが面白いです。 「なんかゆるい信長」は新感覚で面白いのですが… 主人公サブローに明確な意思が無く、「信長が天下取らないと歴史変わってなんかまずいんじゃない?」くらいのノリで天下を目指すため、読んでいて全く熱くならないのが残念。 明智光秀が良い奴過ぎてどう収拾つけるのかは気になります。 信長のシェフと進み方が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 20:30
「満ちても欠けても」1巻(水谷フーカ)
「満ちても欠けても」1巻(水谷フーカ) 【あらすじ/感想】 私の中では百合漫画で有名な水谷さんの作品。(世間の評価は知りませんw) 最近ごく一部の間で話題になっていそうな雰囲気を感じ取った(実際は知りませんw)ので、 借りてきました。レンタルに新作が入荷してるのも驚き。 内容はラジオ局内の人間模様を描いたオムニバス。百合要素はあり…ません。気のせいでしたw ラジオ番組がどういう風に出来上がっていくのかがわかって面白いです。 似た感じの作品として「チャンネルはそのまま!」がありますが、あちらはギャグが面白く、 こちらは恋愛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/28 18:35
「けいおん!」1〜4巻(かきふらい)
「けいおん!」1〜4巻(かきふらい) 【あらすじ/感想】 アニメが原作を超えた例としてよく挙げられるので全く期待してなかったのですが… あれ…?なんか…面白いぞ…? それはきっとアニメの声や音楽が逆輸入的脳内再生余裕だからかもしれませんw それにしてもアニメは原作のネタを忠実に使いつつも、 元の4コマを30分に違和感なく再構成していてすごいなぁと改めて思いました。 その上声と音楽と絵が完璧すぎて…そりゃ売れますよね… 特に「ふわふわ時間」に曲付けた人はちょっと神がかってると… あ、作曲はムギちゃんでしたね!(・ω ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 16:33
「アシガール」1巻(森本梢子)
「アシガール」1巻(森本梢子) 【あらすじ/感想】 「足軽」+「ガール」で「アシガール」ww 足が速いだけが取り柄の女子高生が戦国時代にタイムスリップ。 一目惚れしたイケメン武将の運命を変えることはできるのか!? …という、よくある設定ですw アホっぽいノリは好きですが、この先重い展開もあり得るわけで…どうするんだろw これは完結してから読んだほうがいいかもと思いました。 なお、ゲオに1巻時点で2冊も入ってるのを見て「これは!?」と思い借りてきました。 現時点ではそこまで面白いわけではないですが、 作者の過去... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 16:24
「帝一の國」1〜4巻(古屋兎丸)
 「帝一の國」1〜4巻(古屋兎丸) 【あらすじ/感想】 昭和を舞台にした学園権力闘争漫画。なんだそれw 耽美な画風と極端な男性比率の高さと「ルーム長・副ルーム長」というあからさまなお膳立てが 特定の層をターゲットにしたかのような印象を与えますが、 このアクの強い作品に果たして特定の層は食いつくのでしょうか…w 登場人物達はあくまで真剣だけど、これは多分一種のギャグ漫画なのか…も? 一部で評価されてる…ような気配を感じますが、なんとも評価しにくい作品ですw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 16:16
オールラウンダー廻 1〜4巻(遠藤浩輝)
オールラウンダー廻 1〜4巻(遠藤浩輝) 【あらすじ/感想】 総合格闘技「修斗」を扱った作品。 すごい地味です。リアルな地味さですw 「格闘技って実際はこうだよ?」みたいな。 主人公も成長フラグはあるものの地味です。 が、本当に格闘技が好きな方は楽しめそうです。 総合格闘技である修斗には空手出身、キックボクシング出身、柔道出身など いろんな選手が集まるため、異種格闘技戦的な面白さがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:00
「暗殺教室」1〜6巻(松井優征)
「暗殺教室」1〜6巻(松井優征) 【あらすじ/感想】 <1巻> 「脳噛ネウロ」の作者の新作。 各所で推されていたのでレンタル。 月の7割をふっ飛ばした宇宙人が何故か小学校の教師になって、 生徒がその宇宙人教師の暗殺に成功しないと地球が滅亡という設定。 過激なタイトルですが、残虐描写どころかほのぼの教育コメディになっています。 そのギャップがウケたのかな?と思いますが私は正直それほどでも… 似た設定なら「友達100人できるかな」を推します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 20:58
ハナコ@ラバトリー(原作:施川ユウキ、作画:秋★枝)
ハナコ@ラバトリー(原作:施川ユウキ、作画:秋★枝) 【あらすじ/感想】 スマホでブログを書くのが趣味のトイレの花子さんが活躍する…というわけでもない、 ほのぼのハートフルミステリー。(多分w) 毎回意外な仕掛けがあったりしてつい読み返しちゃいます。 そして予想外の百合ネタ。 もしかして本当に最近百合が流行っているのでしょうか…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:48
あさひなぐ1〜6(こざき 亜衣)
あさひなぐ1〜6(こざき 亜衣) 【あらすじ/感想】 薙刀漫画。 マイナー競技にスポットを当てて初心者の主人公の成長を描く新定番の設定。 読む前から面白いんだろーなーと思ってましたがやっぱり面白いです。 出てくるのは女子ばかりですが、どちらかと言うと少年漫画のノリに近いので、 男性にも女性にもオススメできる良作です。 ちなみに萌え要素も百合要素もありませんw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:48

トップへ | みんなの「☆2.5」ブログ

漫画レビューブログ:カピ原温泉 ☆2.5のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる