アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「な行の作品」のブログ記事

みんなの「な行の作品」ブログ

タイトル 日 時
「のぼさんとカノジョ?」1(モリコロス)
「のぼさんとカノジョ?」1(モリコロス) 【あらすじ/感想】 お人好しなのぼさんと女子力が高い幽霊とのハートフル同居コメディ。 「カノジョ?」というのがポイント。 姿が見えないからもしかしたらガチムチマッチョの大男かも知れません。 これはもしかして高度なBL!?Σ( ̄□ ̄lll) …という妄想はさておき内容は面白いです。 積極的なお隣さんを添えることで王道三角関係パターンになってますw なかなかのオススメ作品! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/09 12:52
「ねじ巻き真野さん」斎藤けん
「ねじ巻き真野さん」斎藤けん 【あらすじ/感想】 カピ原がずっと密かに応援している斎藤けんさんの短篇集。 「クラスで浮き気味の転校生真野さんがある日隣の席の野田くんに弱みを握られ…」 …というあらすじには本作の面白さを伝える上で何の意味も持ちませんw けんさんの作風はシリアスとコメディの振れ幅が非常に大きく、 さらに時として少女漫画のレベルを超越した構成の作品を書いたりします。 (少女漫画なのに普通にヒロインが死んだりしますw) 「ねじ巻き真野さん」においてもそれは健在で、シリアスなのかコメディなのか、 危う... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/13 13:53
「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ)
「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ) 【あらすじ/感想】 勉強嫌いの現代っ子サブローが戦国時代にタイムスリップして信長と入れ替わる話。 現代っ子の感覚がなんかイイ方向に働いて、 なんだかんだで史実通りに信長やってるのが面白いです。 「なんかゆるい信長」は新感覚で面白いのですが… 主人公サブローに明確な意思が無く、「信長が天下取らないと歴史変わってなんかまずいんじゃない?」くらいのノリで天下を目指すため、読んでいて全く熱くならないのが残念。 明智光秀が良い奴過ぎてどう収拾つけるのかは気になります。 信長のシェフと進み方が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 20:30
「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎)
「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎) 【あらすじ/感想】 現代の料理人が戦国時代にタイムスリップ。 あるある設定ですが面白いです。 こういうタイムスリップものは未来から来たことによるアドバンテージで主人公が活躍するのが王道ですね。 本作も主人公ケンが料理ひとつで人の心どころか政治や戦局さえ変えてしまうのが見どころです。 ただし、この作品のすごいところはただ単に昔の人間が知らない料理で驚かせるのではなく、戦国時代という食材も調味料も制限された時代で、食べる者の心を動かすために最も最適な料理をケンが作り出すところです。 つま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 18:48
「脳内ポイズンベリー」1〜2巻(水城せとな)
 「脳内ポイズンベリー」1〜2巻(水城せとな) 【あらすじ/感想】 アラサー女子が脳内会議(男女5名で構成されてますw)に振り回されながら、 年下の男の子に誤解されたり誤解したりする恋愛漫画。 恋愛部分は一目惚れの相手に、会ったその日のうちに肉体関係まで至って、その後はすれ違いまくりのぐっちゃぐちゃですが…そのたびに脳内会議が紛糾して笑えますw ちょっとごちゃごちゃしてて読むのが疲れたりしますが面白いです。 ただしヒロインの性格や行動にはどこか違和感があります(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/28 10:49
「ニセコイ」1〜4(古舘春一)
「ニセコイ」1〜4(古舘春一) 【あらすじ/感想】 私のアレな友人が面白いと言っていて、 このマンガ2013の18位にランクインしていたのでとりあえず借りてきました。 設定としては「恋人のふりをする」&「子供の頃の約束のあの子は誰?」という、 白泉社の少女漫画あたりで10年以上前からさんざん使い倒されてきたようなネタですw それを「ラブコメ=お色気担当」という週刊少年ジャンプで連載したため新鮮な印象を読者に与えることに成功したのかな、などと分析しています。 えーと、感想としては、ありきたりな設定やエピソードの積み重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:03
猫背を伸ばして(押切蓮介)
猫背を伸ばして(押切蓮介) 【あらすじ/感想】 「でろでろ」の巻末おまけ漫画みたいなエッセイ漫画。 押切蓮介は私の中で「貢いであげたい漫画家ナンバー1」なので、 ヴィレヴァンで買ってきましたw 以前3軒くらい本屋さんを回って店頭購入を諦めていたのですが、 さすがはヴィレヴァン。表紙が見えるように棚に何冊かありました(((・ω・ノ)ノ 内容ですが、人を選びます。 私は好きなのですが、でろでろ巻末漫画がツボな人にしかオススメできませんw でろでろ連載中の筆者の私生活を垣間見れて面白かったです。 中でも美容室で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:00
亡鬼桜奇譚 (斎藤けん:LaLa)
亡鬼桜奇譚 (斎藤けん:LaLa) 【感想】 重いです。だけど深くて、愛に満ちています。 「HUNTER×HUNTER」が少年漫画の枠を超えているように 彼女の作品も少女漫画の枠を少し超えている気がします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/21 13:29
のだめカンタービレ(二ノ宮知子:kiss)
のだめカンタービレ(二ノ宮知子:kiss) 【あらすじ】 指揮者を目指すオレ様・千秋真一と落ちこぼれ変態ピアニストのだめ(野田恵)が奏でる笑いと愛の青春ラプソディ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/22 20:21
夏目友人帳(緑川ゆき:花とゆめ)
夏目友人帳(緑川ゆき:花とゆめ) 【あらすじ】 妖怪が見えるという秘密を抱えた少年・夏目貴志。 祖母・レイコの遺品である妖怪達との契約書「友人帳」を手にしたため、妖怪達から日々追われている。 用心棒・ニャンコ先生と共に、妖怪達に名前を返すことになった夏目少年の日々を描く。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/19 19:35

トップへ | みんなの「な行の作品」ブログ

漫画レビューブログ:カピ原温泉 な行の作品のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる