アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「少年・青年漫画」のブログ記事

みんなの「少年・青年漫画」ブログ

タイトル 日 時
「ちーちゃんはちょっと足りない」(阿部共実)
「ちーちゃんはちょっと足りない」(阿部共実) 【あらすじ・感想】 ちょっと何かが足りないちーちゃんとその友だちの愉快な日常。 しかしある日クラスで封筒に入ったお金が消えたことでその日常が狂い始め… 善悪の判断ができないちーちゃんに読み手はハラハラしますが、 意外にもちーちゃんの周りの世界は優しさにあふれていて… 一方ちーちゃんの陰に隠れていた「普通」なナツは普通であるがゆえに間違いを犯し、一人すれ違い、孤立していきます。 物語は結局全ては解決せずに終わります。 「それからどうなったのか」は読者の想像に委ねられますが、 ナツが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 21:56
「シドニアの騎士」1〜12(弐瓶勉)
「シドニアの騎士」1〜12(弐瓶勉) 【あらすじ・感想】 太陽系が地球外生命体「奇居子(ガウナ)」に破壊されて千年。 人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する巨大な播種船・シドニア。 シドニアの最下層で祖父とたった二人で、対ガウナ人型兵器「衛人(モリト)」の仮象訓練装置で戦闘訓練を重ねて育った少年・谷風長道(たにかぜながて)は、衛人訓練生となり旧型だが歴史的名機である「継衛」(ツグモリ)への搭乗を許可される。 その直後100年ぶりにシドニアの前に姿を表したガウナ。 さらに突如出現した推定5000体のガウナを内包したガウナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/15 23:09
「デンキ街の本屋さん」6(水あさと)
「デンキ街の本屋さん」6(水あさと) 【作品全体の感想はこちら】 http://nekoashi.at.webry.info/201401/article_36.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/15 15:44
「幽霊な彼女と心霊な僕」1(南国ばなな)
「幽霊な彼女と心霊な僕」1(南国ばなな) 【あらすじ/感想】 霊感ゼロだけど心霊現象大好きな主人公とツンデレ幽霊(ただし顔がグチャグチャで怖い:(;゙゚'ω゚'):)のドキドキ同棲変態ラブコメディ。なんだそれ。 幽霊の顔が完全に悪霊なのでラブとか言ってる場合じゃない雰囲気なのですが、主人公の恐れを知らない変態的アプローチで幽霊が追い詰められたりなんかいい雰囲気になっちゃったりするギャグ漫画w ひとコマだけ出てくる幽霊の生前の顔が可愛かったり、心霊現象大好きなおとなりさん(女子)の投入で三角関係にしてヒロイン(幽霊)に揺さぶりをかけ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/09 20:39
「のぼさんとカノジョ?」1(モリコロス)
「のぼさんとカノジョ?」1(モリコロス) 【あらすじ/感想】 お人好しなのぼさんと女子力が高い幽霊とのハートフル同居コメディ。 「カノジョ?」というのがポイント。 姿が見えないからもしかしたらガチムチマッチョの大男かも知れません。 これはもしかして高度なBL!?Σ( ̄□ ̄lll) …という妄想はさておき内容は面白いです。 積極的なお隣さんを添えることで王道三角関係パターンになってますw なかなかのオススメ作品! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/09 12:52
「うちの妻ってどうでしょう?」3(福満しげゆき)
 「うちの妻ってどうでしょう?」3(福満しげゆき) 【作品全体の感想はこちら】 http://nekoashi.at.webry.info/201402/article_14.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/08 13:41
「さよならタマちゃん」(武田一義)
 「さよならタマちゃん」(武田一義) 【あらすじ/感想】 35歳のベテラン漫画家アシスタントである作者の精巣腫瘍闘病記。 作者が抗癌剤の副作用と戦う姿や病棟の人間模様が主に描かれています。 もちろん闘病記ですから読んでいてあまり楽しいものではありませんが、作者が病気に打ち勝って漫画家としてデビューするという前向きな展開なので読後感は爽やかでした。 そしてこの作品を読んでおくことで、あなたやあなたの大切な人の命が助かるかもしれません。 貴重な追体験が出来るという意味でもおすすめの作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/04 22:32
「月刊少女野崎くん」1〜3(椿いづみ)
 「月刊少女野崎くん」1〜3(椿いづみ) 【あらすじ/感想】 主人公佐倉千代が絶賛片思い中の野崎くんは実は少女漫画家だった! 少女漫画を描いてるのに超鈍い野崎くんに果たして千代の想いは伝わるのか!? …という恋愛展開にはならず、95%はギャグですw 漫画家あるあるネタが多いです。 ちなみに私は作者の椿いづみ先生の「親指からロマンス」が好きだったので、かなり前から気になっていたのですが、ついに読みました。 少女漫画誌から一般誌(ガンガンオンラインですが)に移って成功しているのは喜ばしい限りですね(*´ω`*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/02 20:50
「群青戦記」1(笠原 真樹)
「群青戦記」1(笠原 真樹) 【あらすじ/感想】 部活動が盛んなスポーツ強豪校がまるごと戦国時代にタイムスリップするという設定。 つまりは「戦国自衛隊」ならぬ「戦国運動部」! よくあるタイムスリップものに異種格闘技戦というか一種の能力バトル的要素をぶちこんだ美味しすぎる設定!これで面白く無い訳がありませんw そして主人公は弓道部員であると同時に歴史マニアであることもポイント。 歴史知識のアドバンテージがどう物語に影響していくのかが非常に楽しみです。 ただ…「武士と様々な運動部員がガチの殺し合いをしたらどうなるか?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/28 22:45
「うちの妻ってどうでしょう?」1〜3(福満しげゆき)
 「うちの妻ってどうでしょう?」1〜3(福満しげゆき) 【あらすじ/感想】 たとえばこう…テレビとかで成功した人を見た時… 自分より年上ならほっとして…年下なら「コネか二世か金持ちにちがいない!」と嫉妬する人っているじゃないですか? それが福満しげゆき先生です… 他にもこう…福満先生はすぐ愚痴るしイライラするし妻にあたるんですけど… 不思議とこの漫画は読んでいてクスっとできて…読後感はさわやかなのです… それは…なんというかその…先生の自分を飾らない姿勢もいいのですが…先生の奥さんのカラッとしていて食い意地の張っている性格が…作品のバラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/23 21:55
「ウィッチクラフトワークス」1〜6巻(水薙竜)
「ウィッチクラフトワークス」1〜6巻(水薙竜) 【あらすじ/感想】 「多華宮君は私のお姫様だから」 ほむほむにお姫様抱っこされたい紳士淑女の皆さんは必読の書。 主人公の多華宮君がある日突然魔女に襲われ、同じクラスの高嶺の花・火々里さんに助けられるというストーリー。 キャラと設定が若干まどマギに似ていますがこちらが先です。 さらに当初の設定では多華宮君は女の子で百合漫画の予定だったとか。 (それ何てまどか?w) 個人的にはそっちのほうが良かったけど、 そういう人もそのうち多華宮君が可愛く見えてくるからきっと大丈夫!(何がw) ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/22 20:23
「就職難!!ゾンビ取りガール」1(福満しげゆき)
「就職難!!ゾンビ取りガール」1(福満しげゆき) 【あらすじ/感想】 今度のゾンビはアミで取れ!! 今(ある意味)最もリアルなゾンビ漫画!?(笑) 舞台は宇宙からの謎の怪光線でゾンビが出るようになった日本。 ゾンビ取り零細会社で働くゾンビ取り道具マニアの「先輩」と、そこに就職難で仕方なくバイトで入った「後輩ちゃん」が動きのトロいゾンビをアミで取る漫画w 本作でのゾンビは噛まれるとゾンビになるものの動きがとても遅く、あまり人間の脅威にはなっていません。 街でゾンビに会っても「あーゾンビがいるなー」とかその程度w そのため先輩は可愛い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 22:28
「ふだつきのキョーコちゃん」1(山本崇一朗)
 「ふだつきのキョーコちゃん」1(山本崇一朗) 【あらすじ/感想】 ツンデレ妹人外コメディ。 シスコンヤンキー札月ケンジの妹キョーコは普段はツンツンでそっけない感じ。 ところがリボンがほどけると封印されていた「キョンシーの吸血衝動」と「お兄ちゃん大好き衝動」が開放されて素直にデレつつ噛み付いてくる…という設定。 兄ケンジはシスコンではなく、妹に近づく男がうっかりリボンをほどいてキョーコに襲われるのが心配だと言い張りますが…どう見てもシスコンですw 「ツンツン→リボンが解けてデレながら襲いかかってくる→リボンを結んで封印→キョーコが本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/17 22:58
「僕だけがいない街」3(三部けい)
 「僕だけがいない街」3(三部けい) 【1〜2巻の感想はこちら】 http://nekoashi.at.webry.info/201401/article_19.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/14 21:44
「あやかし古書庫と少女の魅宝」1〜2(ドリヤス工場)
「あやかし古書庫と少女の魅宝」1〜2(ドリヤス工場) 【あらすじ/感想】 平凡な男子高校生・国分寺イクオが祖父から受け継いだ古書店の店番をしていたある日、その古書店に隠されているという「魅宝(たから)」を狙う秘密結社の刺客に襲われる。 そして間一髪のところで金属を自在に操る「刀鍛冶(ソードスミス)」の「能力者(カテゴライズド)」八坂七星(やさかななせ)に助けられる。「魅宝」を守護する一族の末裔である七星がイクオの家に居候することになり、イクオは「魅宝」をめぐる能力者達の戦いに巻き込まれていく… …という、中学生が書いたような典型的ラノベ展開で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/12 22:24
「バベルの図書館」(つばな)【考察あり】
「バベルの図書館」(つばな)【考察あり】 【あらすじ】 「ある不思議な能力」を持つ渡瀬くんと、天使の存在を信じる相馬さん。 ある日二人が一言一句まで同じ作文を書いたことから物語が始まった… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 23:46
「宮田書店へようこそ!水あさと短編集」(水あさと)
「宮田書店へようこそ!水あさと短編集」(水あさと) 【あらすじ/感想】 女の子の泣き顔に定評のある水あさと先生の短編集。 ラブコメあり、学園ファンタジーあり、きらら系4コマあり、そしていつもの本屋さんコメディありの盛りだくさんの一冊! (以下各話解説です) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 21:40
「マジカルシェフ少女しずる」1〜2(水あさと)
「マジカルシェフ少女しずる」1〜2(水あさと) 【あらすじ】 「弁当は、人殺しの道具じゃない…!!」 時は大弁当時代! 弁当が世界的に大流行し、弁当に特化した超能力”能力”(ツールズ)を持つ人類が誕生した世界。 そして能力者達が集う超エリート校の落ちこぼれ、西ノ森しずるは母の行方を探すため、形見の包丁を手に退学を賭けた「弁当勝負」に挑む…!! 女の子の泣き顔に定評のある水あさとがおくる 新感覚能力バトル弁当料理漫画!! なお本作は大きく分けて「生徒会編」「ベントーナメント編」「弁当探偵編」「弁当カードバトル編」「魔界編」の5編に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 17:36
「甘々と稲妻」1(雨隠ギド)
 「甘々と稲妻」1(雨隠ギド) 【あらすじ/感想】 残念な食生活をおくる父娘が料理のできない料理評論家の娘と出会い、一緒にごはんを作る漫画。 「家庭料理」と「家族」を結びつけた、最近売れるパターンにのせてきた感じの作品。 (「高杉さん家のおべんとう」「花のズボラ飯」「きのう何食べた?」などなど…) 雨隠ギド先生は「百合男子」で紹介されたせいで百合漫画家のイメージがあったので意外でしたw ちなみに主人公であるお父さんは高校教師であり、ヒロインことりさんはその生徒。障害のある恋に発展しそうな隙のない設定です。 「高杉さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/05 23:01
「あるみちゃんの学習帳」1〜2(金田一蓮十郎)
「あるみちゃんの学習帳」1〜2(金田一蓮十郎) 【あらすじ/感想】 あらすじ→「御堂くんにロボバレしたら嫌われちゃうよ!><」 金田一先生お得意のいつものパターンですw 今回もキャラが魅力的かつ展開が速い!! あるみちゃんが可愛いのはいいとして、私はお兄ちゃんが好きです。 このお兄ちゃんは「ニコイチ」のちょい役の三澤君がモデルのようですが、 ちょい役にも関わらず異常な魅力を持っていて「あ〜、三澤君もライアー×ライアーの弟くんみたいに他作品でも使い回せばいいのに…」と思っていた私にどストライクでしたw(補足説明あり) そしてお兄ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 21:03
「格闘職人アウディ」(長谷川誠)
「格闘職人アウディ」(長谷川誠) 【あらすじ/感想】 北斗の拳のような世紀末的世界観と、「職人気質(「しょくにんかたぎ」と読みます)」というジョジョのような能力バトル要素をミックスしたパロディ的作品。 主人公である料理人アウディが強制労働者達を救うために駅長さん(エネルギー弾のように電車を放つ能力者ww)と戦うシュールな絵面は非常にインパクトがありますw 非常にバカバカしい設定でありながらあくまで弱きを助け強きをくじくアツい王道展開なのが当時中学生だった私の心をぐっと掴みました(゚∀゚)b これほどまでに私の心に残った読... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/26 20:54
「新黒沢 最強伝説」1(福本伸行)
「新黒沢 最強伝説」1(福本伸行) 【あらすじ/感想】 前作の最後の戦いの後倒れた黒沢は実に8年もの間意識を失っていた。 しかし天国での生活に疑問を感じた黒沢についに目覚めの時が来たっ…! 多くの漫画ファンの心に「アジフライ」という単語を刻みつけ、 賛否両論のアレな最終回で物議をかもした伝説の作品「最強伝説黒沢」のまさかの続編っ…! みんなが夢にまで見た黒沢の復活っ…! しかし読み終えた時あなたはこう思うことでしょう。 …復活しなくても良かったかも。 いや、いい意味でw いい意味で本当にダメです。 黒沢さんって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/26 16:52
「干物妹!うまるちゃん」1〜2巻(サンカクヘッド)
「干物妹!うまるちゃん」1〜2巻(サンカクヘッド) 【あらすじ/感想】 妹の「うまる」は外では容姿端麗才色兼備の美少女だけど、 家では二頭身でひたすらダラダラゴロゴロする干物妹(ひもうと)! この手のギャップものの作品は「外用」の美少女になった時の可愛さが売りなものがほとんどですが、 うまるちゃんの場合は二頭身のままお兄ちゃんに甘えたりダダをこねたりするうまるちゃんの方がむしろ可愛く見えてくるのが大きな魅力!! そしてダメ生活を送るうまるちゃんを見守り、しかり、結局甘やかすお兄ちゃんの愛も素晴らしい! 1話あたりのページ数が少ないせい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/25 21:37
「デンキ街の本屋さん」1〜6(水あさと)
「デンキ街の本屋さん」1〜6(水あさと) 【あらすじ/感想】 女の子の泣き顔に定評のある漫画家・水あさと先生が描く、 オタク向け本屋さんを舞台にしたラブコメ。 笑いと涙と赤面と爽やかなエロスに満ちた名作w マニアックな小ネタをはさみつつ、個性的なメンバーが見ていて恥ずかしくなるような恋愛を非常にゆっくり進展させます。 普通のラブコメならこの「ゆっくり感」にイライラしたりじれったくなったりするところですが、本作は逆にくっつかないでこの微妙な距離感を維持して欲しい気持ちになります。 どこかがくっついてしまうとこの居心地のいい空気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/20 22:11
「食戟のソーマ」1〜3( 原作:附田 祐斗, 作画:佐伯 俊, 協力:森崎 友紀)
「食戟のソーマ」1〜3( 原作:附田 祐斗, 作画:佐伯 俊, 協力:森崎 友紀) 【あらすじ/感想】 庶民の定食屋の息子・創真が卒業到達率10%以下の超絶エリート料理学校に入学し、 頂点を目指すというストーリー。 展開にも料理にも目新しさは感じられないけど王道で楽しく読めます。 ちなみに作品の特徴は女の子が料理を食べた時のイメージ映像がエロいことw あとまずい料理だと変なイメージ映像になるのはちょっとだけ新しいかも。 ゴリラと混浴するイメージ映像はちょっと笑いましたw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 20:12
「ヒストリエ」1〜8巻(岩明均)
「ヒストリエ」1〜8巻(岩明均) 【あらすじ/感想】 アレクサンドロス大王の書記官・エウメネスを描いた歴史漫画。 あまりに面白すぎて巻数が進むまで読むのを我慢していた作品です。 相当待った気がするのですが、6巻まで既読でしたw そして土台部分の序盤があれほど面白いにも関わらず、 エウメネスが書記官として本格的に活躍し始めるのが7巻からという…w まさにこれからさらに面白くなっていくことが予想されるのですが、 それに反して刊行スピードが超遅いので非常にオススメしにくいです。 そう、これは面白すぎて今はまだオススメし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 22:47
「僕だけがいない街」1〜3三部けい
「僕だけがいない街」1〜3三部けい 【あらすじ/感想】 尋常じゃなく面白いです。 もう少し早く読んでいたら「カピ原版このマンガ」の10位あたりに滑りこんでたと思います。 内容は一種のタイムリープもの。 主人公の身の回りに事故などの「悪い事」が起こるとき、 「それを防げ」と強制されるかのように事故の1〜5分前を何度も繰り返してしまうという設定。 主人公は制御できないこの現象を「再上映(リバイバル)」と呼んでいます。 こういう設定だと作品に緊張感がなくなってしまいがちですが、演出が上手く非常にスリリングです。 そして複... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 22:33
「山賊ダイアリー」1〜4巻(岡本健太郎)
「山賊ダイアリー」1〜4巻(岡本健太郎) 【あらすじ/感想】 レンタルでパラパラとめくった瞬間、「これは買ったほうがいいのでは?」という感覚に。 絵は上手くないですが、少し見ただけで感じ取れる濃密な題材の気配…そして実際面白かったです。 内容は、業界初!?の猟師入門漫画。 現代日本でも試験や許可などの手順を踏めば、誰でも実銃で猟ができる。 でも実際どうなってるの?猟ってどんな感じ?という知的好奇心が満たされまくりです。 そして「銀の匙」と同じく他の生物の生命を奪って食べることがメインテーマになっていますが、 こちらは全然重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/13 16:04
「亜人」1〜3(桜井 画門 (著), 三浦 追儺 (原著))
 「亜人」1〜3(桜井 画門 (著), 三浦 追儺 (原著)) 【あらすじ/感想】 人間として普通に暮らしていた主人公が交通事故に遭ったことで、 不死身の「亜人」だったことが明らかになり、人間達に追われるという話。 スタンド能力みたいなのも出るよ!w ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/13 10:10
「喰う寝るふたり住むふたり」1〜2(日暮 キノコ)
 「喰う寝るふたり住むふたり」1〜2(日暮 キノコ) 【あらすじ/感想】 のんちゃんとリツコは付き合って10年、同棲8年の恋人以上夫婦未満のカップル。 そんな二人の生活を1話を前半・後半に区切ってそれぞれの視点から描く意欲作。 こういう形式の作品は短編では珍しくないですが、毎回これをやるというのが本作の凄いところ! 10年付き合っていても相手が何を考えてるかわからなかったりする二人を俯瞰して見られるのが面白いし、とても勉強になりますw ある意味全ての20代〜30代の男女にとって必読の書かも知れませんw 読んで損はないですよ〜(*^-')... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/11 21:31
「ほんとにほんとにほんとにほんとにライオン田!」1(石神 しし)
「ほんとにほんとにほんとにほんとにライオン田!」1(石神 しし) 【あらすじ/感想】 しゃべるライオン、ライオン田くんが女性週刊誌の編集部で働く話。 タイトルを見てゲオで手に取りました。 そしてパラパラページをめくって衝撃が! 佐々木倫子のスタイル丸パクリじゃん!!Σ(゚Д゚;) 参考…というか全部読めます→http://yawaspi.com/raionda/ これはいけませんww 佐々木先生がアシスタントにのれんわけしたとはっきり公言しないと許されないレベル。 というか、もし仮に佐々木先生公認だとしたら私の敬愛する佐々木先生の人間性を疑うレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/29 14:02
「ハイスコアガール」4巻初回限定特装版(押切蓮介)
「ハイスコアガール」4巻初回限定特装版(押切蓮介) 【感想】 今日は待ちに待ったハイスコアガールの最新刊を買ってきました! お昼休みにAmazonをのぞくと特装版が既にプレミア価格になっていて、 これはもう新品では入手不可能かと思いましたが… 仕事の合間にこっそり置いてそうな書店に電話で取り置きしてもらって入手しました!(`・ω・´) …いや、帰りに寄ったら普通に平積みだったんですけどね(´・ω・`) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/25 22:46
ひきだしにテラリウム(九井諒子)
ひきだしにテラリウム(九井諒子) 「ひきだしにテラリウム」九井諒子 最短で2ページの短編33篇がぎゅっと詰まった短篇集。 不思議なお買い得感がありますw 以下気になる作品をピックアップして感想を書きます(`・ω・´)ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/21 21:06
ヒーローズ・カムバック
ヒーローズ・カムバック 「ギャラリー・フェイク」の細野不二彦氏の呼びかけで実現した、 有名作家の連載終了作品の新作読み切りを集めたチャリティー短編集。 収益は東日本大震災の寄付に使われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/12 22:11
「flat」1〜6巻(青桐ナツ)
「flat」1〜6巻(青桐ナツ) 【あらすじ/感想】 マイペースな高校生平介(趣味:お菓子作り)がいとこの忍耐強い保育園児あっくんになつかれるハートフルほのぼの漫画。 主人公の平介には好感がもてるし、あっくんは健気で可愛いです。 しかし…「真面目な」一年生の人がウザいです。悪い意味で。しかもしつこいw あとヒロイン的雰囲気のキャラをどう扱うかでこの作品の方向性がわかりそう… と1巻時点で思ったのですが、予想通りのもの超脇役ポジションでした。 そういう方向性なら仕方ないのかも知れませんが、個人的にはもったいないなぁと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 21:52
「竜のかわいい七つの子」(九井諒子)
「竜のかわいい七つの子」(九井諒子) 【あらすじ/感想】 リアリティのあるファンタジーが生み出すユーモアが持ち味の作家。 現実世界に人魚がいたらその人権は? 狼男がいたらその日常生活は? 超能力者がいたら名探偵の推理はどうなる? などなど、新人にも関わらず完全に自分のスタイルを確立しているのがすごいです。 本作品集は他作品の題材を九井諒子流に料理したらこうなる、 というやり方もちょこちょこやっていてパロディ的な面白さもあります。 前作「竜の学校は山の上」も「動物のお医者さん」や「銀の匙」の九井流アレンジなのかもですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 21:52
「シュトヘル」1〜6巻(伊藤悠)
 「シュトヘル」1〜6巻(伊藤悠) 【あらすじ/感想】 13世紀の蒙古(モンゴル)、西夏国(タングート)周辺が舞台。 チンギス・ハンの時代と言えばわかりやすいでしょうか。 「生まれ変わり」や「タイムスリップ」という要素もあり、 その設定何か意味あるの?と思いましたが… 主人公達の目的である「西夏文字を守る」ことが 未来にどう影響するかを分かりやすくするための小道具なのかなーと思いました。 (ネタバレを避けるため詳しくは言及しませんが) 面白いけど設定や時系列がやや複雑なので読むなら集中して一気に読みましょうw ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/30 21:15
「我妻さんは俺のヨメ」1〜4巻(西木田 景志 (著), 蔵石 ユウ (原著) )
「我妻さんは俺のヨメ」1〜4巻(西木田 景志 (著), 蔵石 ユウ (原著) ) 【あらすじ/感想】 未来にタイムスリップしたらクラスのヒロインがさえない主人公のヨメだったみたいな。少年誌のラブコメは好きではないのですが、わりと楽しめました。 がしかし! キャラのギャグ顔が「アフロ田中」シリーズののりつけ雅春氏の絵柄に酷似しています。 アシスタントやっていたわけでもなさそうだし、そもそも出版社も違うし… プロとして恥ずかしいレベルなので残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 16:41
「孤独のグルメ【新装版】」(原作:久住 昌之, 作画:谷口 ジロー )
「孤独のグルメ【新装版】」(原作:久住 昌之, 作画:谷口 ジロー ) 【あらすじ/感想】 地味なおっさんが適当に入った定食屋でわりとどうでもいいものを食べる漫画。 全編を通してだいたいそんな感じw でも私はすごく好きです。うおォン。 ランダムに100人に読ませたとしたら90人は面白さが理解できず、 10人はなんとなく面白いと感じ、そのうち3人がギャグ要素に気付く。 そんな漫画w あえて魅力を解説するなら、それはゴローさんのハードボイルドな佇まいと独特の台詞回し。 「持ち帰り!そういうのもあるのか」 「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず 自由でな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 16:28
「繰繰れ! コックリさん」1〜3巻(遠藤ミドリ)
「繰繰れ! コックリさん」1〜3巻(遠藤ミドリ) 【あらすじ/感想】 TSUTAYAでかなり前から平積みされていたのが気になってレンタル。 同じ掲載誌のいぬぼくと狐的な意味で被ってるのはひみつw (編集長から「狐は3匹までOK」とゴーサインが出たとか) 心を閉ざした少女と孤独な妖狐のハートフルラブストーリー(嘘) ネタがすごく同世代の気配を感じます。 「俺の名前は沢山あってな」とかw なかなか面白いのですが… なぜかなんとなく読み進める意欲がわかずちょっと疲れました(^_^;) それから女性向けだと思うのでそのつもりでどうぞ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/12 19:58
「ぼくらのフンカ祭」(真造圭伍)
「ぼくらのフンカ祭」(真造圭伍) 【あらすじ/感想】 このマンガ2013の11位。 平凡な町が火山の噴火・温泉の湧出で活気づく。 文化祭の前日のようなワクワク感と男の友情が印象的な作品。 絵もストーリーもそれほど魅力的ではないのですが、 全編を通じて作品に漂う高揚感は独特です。 買うほどではないけど読後感はさわやかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 15:48
「テニスの王子様」全42巻(許斐剛)
「テニスの王子様」全42巻(許斐剛) 【あらすじ/感想】 <1〜23巻> 言わずと知れた能力バトルテニス漫画w そして想定外の面白さ。黒バスの6倍くらい面白いですww なぜこんなの(失礼w)が面白いか分析してみましたが、 この漫画、キャラも必殺技も出し惜しみしないでテンポ良く読ませてくれるんですよね。 それでいて手塚の能力(ちょw)や不二のトリプルカウンターはしっかり温存して期待感をもたせるという。 テニスを真面目にやってる人たちから見たら腹立たしい作品かもしれませんが、 漫画としては普通に面白いです。 なお、菊丸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/13 23:06
「黒子のバスケ」1〜9巻(藤巻忠俊)
「黒子のバスケ」1〜9巻(藤巻忠俊) 【あらすじ/感想】 話題作なので頑張って読んでみましたが、正直それほど面白いと感じられず… 主人公・黒子の存在感の無さを生かしたプレイスタイルは斬新で美味しい設定ですが、 それ以上に黒子と火神以外のチームメイトの存在感が無さすぎですw 個人技でゴリ押しするのを否定しながら、結局個人技同士の戦いみたくなってるのもちょっと… この先ネタ的な意味で面白くなるらしいですが…どうしよう。 正統派スポーツ漫画路線で行くならチームメイトの個性と得意分野を明確にして、 役割分担と連携で魅せるべきだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/25 22:54
「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ)
「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ) 【あらすじ/感想】 勉強嫌いの現代っ子サブローが戦国時代にタイムスリップして信長と入れ替わる話。 現代っ子の感覚がなんかイイ方向に働いて、 なんだかんだで史実通りに信長やってるのが面白いです。 「なんかゆるい信長」は新感覚で面白いのですが… 主人公サブローに明確な意思が無く、「信長が天下取らないと歴史変わってなんかまずいんじゃない?」くらいのノリで天下を目指すため、読んでいて全く熱くならないのが残念。 明智光秀が良い奴過ぎてどう収拾つけるのかは気になります。 信長のシェフと進み方が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 20:30
「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎)
「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎) 【あらすじ/感想】 現代の料理人が戦国時代にタイムスリップ。 あるある設定ですが面白いです。 こういうタイムスリップものは未来から来たことによるアドバンテージで主人公が活躍するのが王道ですね。 本作も主人公ケンが料理ひとつで人の心どころか政治や戦局さえ変えてしまうのが見どころです。 ただし、この作品のすごいところはただ単に昔の人間が知らない料理で驚かせるのではなく、戦国時代という食材も調味料も制限された時代で、食べる者の心を動かすために最も最適な料理をケンが作り出すところです。 つま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 18:48
「魔法主婦マジカルミュー」1巻(コナリミサト)
 「魔法主婦マジカルミュー」1巻(コナリミサト) 【あらすじ/感想】 魔法少女を卒業させてもらえないまま三十路を迎えてしまった魔法少女の愛と戦いの物語w 少年誌(ジャンプ改)掲載ですが、これは女性向けかも。 でも読んでてなんだかいたたまれない気持ちになってきたりして… この漫画…誰が得するんだろう…w 続きが出ても借りないと思います。一冊でお腹いっぱいw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/28 11:02
「範馬刃牙」34〜37巻(完結)(板垣恵介)
 「範馬刃牙」34〜37巻(完結)(板垣恵介) 【感想】 憎むべき父との最終決戦。 母を殺した父は本当に憎むべき相手なのか。 強さとは何か。最強とは何か。 単純な戦いでこれを決着させなかったところが良かったです。 ある意味HUNTERXHUNTER的…と言ったら褒めすぎですが、似たところがありましたw 「範馬勇次郎と食事する」というギャグ回に見えた回が ラストへの重要な伏線になっているのもナイス。 勇次郎からダウンを奪った刃牙の頭を勇次郎が撫でようとし、 刃牙がそれを拒むシーンは今までを思うと胸に来るものがありました。 く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/19 16:40
「けいおん!」1〜4巻(かきふらい)
「けいおん!」1〜4巻(かきふらい) 【あらすじ/感想】 アニメが原作を超えた例としてよく挙げられるので全く期待してなかったのですが… あれ…?なんか…面白いぞ…? それはきっとアニメの声や音楽が逆輸入的脳内再生余裕だからかもしれませんw それにしてもアニメは原作のネタを忠実に使いつつも、 元の4コマを30分に違和感なく再構成していてすごいなぁと改めて思いました。 その上声と音楽と絵が完璧すぎて…そりゃ売れますよね… 特に「ふわふわ時間」に曲付けた人はちょっと神がかってると… あ、作曲はムギちゃんでしたね!(・ω ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 16:33
「帝一の國」1〜4巻(古屋兎丸)
 「帝一の國」1〜4巻(古屋兎丸) 【あらすじ/感想】 昭和を舞台にした学園権力闘争漫画。なんだそれw 耽美な画風と極端な男性比率の高さと「ルーム長・副ルーム長」というあからさまなお膳立てが 特定の層をターゲットにしたかのような印象を与えますが、 このアクの強い作品に果たして特定の層は食いつくのでしょうか…w 登場人物達はあくまで真剣だけど、これは多分一種のギャグ漫画なのか…も? 一部で評価されてる…ような気配を感じますが、なんとも評価しにくい作品ですw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 16:16
「ドリフターズ」1〜3巻(平野耕太)
「ドリフターズ」1〜3巻(平野耕太) 【あらすじ/感想】 <1〜2巻> 全世界のいろんな時代の武将とか騎士とか軍人とかが ファンタジーな異世界に飛ばされて戦争する話。 誰かが「スーパー偉人大戦」って言ってましたw 「この漫画はまだ読んではいけない」と1年以上ず〜っと耐えていたのですが、 あまりに続刊が出ないので今回ついに読みました。 感想は…面白いのですが、やっぱりまだ読むのが早すぎたような… どんな偉人が出てくるのかワクワクしますが、 能力バトル要素はどうなのかなーとか思ったりしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 16:11
ハチワンダイバー 26〜27巻(柴田ヨクサル)
<26巻感想> 相変わらず面白いです。しかもわかりやすい。 私は将棋については駒の動かし方を知ってる程度の素人ですが、 そういう人間が読んでそう感じるのは凄いことです。 毎回イメージ映像(?)が面白いのに加え、 今回は「入玉」という素人から見ても派手な戦術で面白かったです。 何度も言いますが、監修が付くような作品で「分かりやすくて面白い」というのは凄いことだと思います。 (この作品の本当の面白さがわかるのは将棋をやりこんでる人なのかもしれませんが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:07
ボールルームへようこそ 1〜3巻(竹内友)
【あらすじ/感想】 このマンガがすごい!2013の9位。 社交ダンス漫画。 「何の取り柄もないさえない主人公がマイナー競技で天才的な才能を開花させ…」系の漫画。 売れる黄金パターンですw 感想は…面白…くなくはないんだけど…なぜかのめりこめず。 なぜだろうと思いちょっと分析してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:06
曇天・プリズム・ソーラーカー(太田垣康男:原作、村田雄介:漫画)
【あらすじ/感想】 大学進学を夢見て町工場で働く主人公が大学生達と共にソーラーカーを作る物語。 結構重い設定が仕込まれていますが、うじうじし過ぎず前向きに頑張ってくれるので読みやすいです。 ラストはちょっとあっさりし過ぎかな〜と思いましたが、なかなかの良作だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:03
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~(吉本浩二:イラスト, 宮崎克:原著 )
【あらすじ/感想】 このマンガがすごい!2012の1位。ようやく読みました。 この漫画がすごいというより、手塚治虫がすごいという感想でしたw 特に原稿が全く出来てない状態で手塚先生がアメリカからアシスタントに電話で指示して… というエピソードがすごかったです。 漫画のネタになるようなとんでもないことを現実にやってのけるというのが… 「このマンガ」1位というのはどうかな、とは思いますが、読んどいて損はないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:01
オールラウンダー廻 1〜4巻(遠藤浩輝)
【あらすじ/感想】 総合格闘技「修斗」を扱った作品。 すごい地味です。リアルな地味さですw 「格闘技って実際はこうだよ?」みたいな。 主人公も成長フラグはあるものの地味です。 が、本当に格闘技が好きな方は楽しめそうです。 総合格闘技である修斗には空手出身、キックボクシング出身、柔道出身など いろんな選手が集まるため、異種格闘技戦的な面白さがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:00
「暗殺教室」1〜6巻(松井優征)
【あらすじ/感想】 <1巻> 「脳噛ネウロ」の作者の新作。 各所で推されていたのでレンタル。 月の7割をふっ飛ばした宇宙人が何故か小学校の教師になって、 生徒がその宇宙人教師の暗殺に成功しないと地球が滅亡という設定。 過激なタイトルですが、残虐描写どころかほのぼの教育コメディになっています。 そのギャップがウケたのかな?と思いますが私は正直それほどでも… 似た設定なら「友達100人できるかな」を推します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 20:58
地上はポケットの中の庭(田中相)
【あらすじ/感想】 このマンガがすごい!2012オンナ編5位の短篇集。 いい感性を持った新人さんだと思います。 カナブンが恩返しに来る話が好きです。 (でも5位はちょっと評価され過ぎな気も…(^_^;)) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 20:54
テラフォーマーズ3巻(作:貴家 悠、画:橘 賢一)
前巻は準備段階といった感じだったこともあり、前巻よりさらにおもしろくなっています。 人間側もゴキブリ側もどんどん「進化」していて飽きさせません。 今最も面白い能力バトル漫画かも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 20:52
ヒナまつり1〜5(大武政夫)
【あらすじ/感想】 古本で発見し、手に取ってパラパラめくった瞬間カピ原に電撃走る…! 「これはむしろ新品で買った方がいいのでは…?」 ※カピ原は漫画をパラパラ見るだけである程度面白さを判別するスキルがあります(自称) …というか、表紙の時点でもう普通じゃないレベルの主張をしてるんですよね、この漫画。 買って帰って、読み始めたら案の定止まりませんでしたw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 20:51
千年万年りんごの子 1巻(田中相)
【あらすじ/感想】 りんご農家に婿入りした主人公。 「食べると祝福をもらってしまうおぼすな様のりんご」をある日知らずに採ってきてしまい… 「このマンガがすごい!2013 オンナ編第7位」とのことですが、これには異議ありです。 いくらなんでも評価されるのが早すぎます。 雑誌での連載がどうなっているかは知りませんが、 1巻時点では評価できるほどストーリーは進んでいません。 昨日同じ作者とは気付かず借りてきた「地上はポケットの中の庭」がこの漫画2012年5位だったことから期待票が入ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:24
花もて語れ(片山ユキヲ)
【あらすじ/感想】 朗読漫画。 地味な題材と華のない絵柄ですが…w 意外にも面白いです! 漫画という音を表現できない媒体でどう「朗読」を表現するのか? 本作では読み手が受け取ったイメージをド迫力で描いています。 そして読者が作品を理解できるようにきっちりと解釈を述べているため、 漫画でありながら文学作品を読み解く面白さを追体験できます。 なお、私はド迫力の朗読シーンから藤田和日郎氏の「月光条例」を読んでいるような感覚を受けたのですが、今さっき少し検索してみたところ作者の片山ユキヲ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:22
「私は利休」全4巻(原作:早川光、漫画:連打一人)
【あらすじ/感想】 <1〜2巻> 「千利休が現代に生まれ変わったら?」 茶道漫画です。非常に面白いです。 不思議な事にあまり注目されていないようですが、 「へうげもの」や「ヒカルの碁」のような面白さがあります。 茶道というつまらなそうな題材ですが、ぐいぐい読ませる力を持っています。 やたら鑑定っぽいことをするので「ギャラリーフェイク」とか「開運!なんでも鑑定団」(TVですが)が好きな方はさらに楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:21
テルマエ・ロマエ 5巻(ヤマザキマリ)
前巻で主人公ルシウスと会話ができる平たい顔族が登場し、物語が一気に加速したテルマエ。 売れてるのに引き伸ばさずに書くべきことを書く姿勢は素晴らしいです。 ラストが近づいてきた雰囲気で少し名残惜しいですが、 少し物足りないくらいの方がいい作品になるのではないかな、なんて思ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:17
「路地恋花」全4巻(麻生みこと)
【あらすじ/感想】 手製本職人、銀細工職人、靴職人に小説家… 京都の若き職人が集まる長屋での恋愛模様を描いた作品。 よく取材して描かれているのが好印象です。 作者の麻生みことさんはもともと白泉社の少女漫画雑誌で活躍していた方。 佐々木倫子さん以降白泉社の少女漫画作家さんは成熟すると一定の割合で 青年誌に移って活躍するという流れが出来ているような気がします。 LaLaDXなどの「若い」雑誌を読むと、 少女漫画だけで育った少女が描いているような閉じた世界を感じてしまうことが時にありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:16
「スポ×ちゃん!」1〜2(竹下けんじろう)
【あらすじ/感想】 ま た 秋 田 書 店 か w 「ばくおん!!」に続き我らが秋田書店がまたやってくれましたw 四文字系女子高生漫画。 しかもマイナー競技の部活立ち上げモノ。(スポーツチャンバラです) その上キャラ造形がばくおんよりもさらに「けい◯ん」に激似w が、しかし! これもまた結構馬鹿にできない面白さだったりします。 もしかしたら「あさひなぐ」より面白いかも…?w スポチャンという競技自体もその響きとは裏腹に結構奥深い感じです。 長剣、小太刀、槍、棒、盾などの多彩な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:15
銀の匙(荒川弘)
【あらすじ/感想】 農業高校の物語。 「動物のお医者さん」「もやしもん」に続く作品はこれ! コメディとしても面白いけど、農業を描く上で本来避けて通れない「家畜の命を奪って食べる」ということにきちんと向き合っていることが高く評価されている理由だと思います。 学校の図書館に置いてもいいんじゃないかという良作です。 読んで損はありません。オススメ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:08
テラフォーマーズ 1〜2巻(作:貴家 悠、画:橘 賢一)
このマンガがすごい!2013年1位。 火星で人形に進化したゴキブリと昆虫の能力を宿す手術を受けた人間との戦いを描いた作品。 いろんな昆虫の能力が出てきて面白いけどキャラは基本使い捨て。ポンポン死にます。 面白いしこれから売れるんでしょうけど、誰にでもオススメできる作品ではないです。 GANTZや進撃の巨人が好きな方にオススメ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:07
「かくかくしかじか」1巻(東村アキコ)
【あらすじ/感想】 作者の自伝漫画。 時間を忘れて一気に読み終えました。 非常に面白いです!! 1巻は作者の美大入試あたりのエピソードなのですが、 センター試験を裏ワザとオカルトでどうにかしようとするところが笑えましたww ええ、私も昔裏ワザ本買いましたよ…w 安心して広くおすすめできる良作です(*^-')b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:05
「ニセコイ」1〜4(古舘春一)
【あらすじ/感想】 私のアレな友人が面白いと言っていて、 このマンガ2013の18位にランクインしていたのでとりあえず借りてきました。 設定としては「恋人のふりをする」&「子供の頃の約束のあの子は誰?」という、 白泉社の少女漫画あたりで10年以上前からさんざん使い倒されてきたようなネタですw それを「ラブコメ=お色気担当」という週刊少年ジャンプで連載したため新鮮な印象を読者に与えることに成功したのかな、などと分析しています。 えーと、感想としては、ありきたりな設定やエピソードの積み重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:03
「ハイキュー!!」1〜3(古舘春一)
【あらすじ/感想】 前から気になっていた+このマンガ2013の4位ということでレンタル! 清々しいまでの青春王道バレー漫画。 悪い意味でなく、スラムダンクみたいな面白さ。 ポジションの穴を埋める優秀な選手が都合よく後から出てくる展開もスラムダンクを彷彿とさせますが、週刊連載でテンポ良く読者を楽しませるにはキャラの地道な成長を描くよりもこちらが正解なのかも…。 とにかくストレスなくストーリーや試合がサクサク進み、 バレーという競技の面白さをしっかり描いている良作です。 読んで損なし!... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:02
猫背を伸ばして(押切蓮介)
【あらすじ/感想】 「でろでろ」の巻末おまけ漫画みたいなエッセイ漫画。 押切蓮介は私の中で「貢いであげたい漫画家ナンバー1」なので、 ヴィレヴァンで買ってきましたw 以前3軒くらい本屋さんを回って店頭購入を諦めていたのですが、 さすがはヴィレヴァン。表紙が見えるように棚に何冊かありました(((・ω・ノ)ノ 内容ですが、人を選びます。 私は好きなのですが、でろでろ巻末漫画がツボな人にしかオススメできませんw でろでろ連載中の筆者の私生活を垣間見れて面白かったです。 中でも美容室で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:00
東京トイボックス(うめ)
ゲーム業界を舞台にした作品。 面白いとのウワサを各方面から聞いていたので遅まきながら読んでみました。 で、実際おもしろいです。 リアルだなーと思ったら実は実在の会社をモデルにしているそうです。 家庭用ゲームは全くやらなくなった私ですが面白かったです。 こういう漫画って自分の知らない分野の業界を知ることができる楽しみがあって好きです。 アツい職業モノやゲームが好きな方にオススメ!(`・ω・´) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:51
ハナコ@ラバトリー(原作:施川ユウキ、作画:秋★枝)
【あらすじ/感想】 スマホでブログを書くのが趣味のトイレの花子さんが活躍する…というわけでもない、 ほのぼのハートフルミステリー。(多分w) 毎回意外な仕掛けがあったりしてつい読み返しちゃいます。 そして予想外の百合ネタ。 もしかして本当に最近百合が流行っているのでしょうか…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:48
となりの801ちゃん1〜6(小島アジコ)
【あらすじ/感想】 非常に面白いです。 ただし分量から見て1000円で買うものではないと思いますw (私はブック◯フの105円コーナーで買い揃えました) 百合男子はキモいだけだけど801ちゃんは可愛いですね。 それからやおいと百合はやはり通づるものがあって、なんか変に納得したりしましたw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:41
ふら・ふろ(カネコマサル)
最初はよくある日常系かーとピンとこなかったのですが、 だんだんじわじわ心地よくなってきましたw 雰囲気はゆるゆりや苺ましまろに似ている感じ。 苺ましまろは倫理的な感覚が合わなくて読めませんでしたが、 ふら・ふろはそういう心配は全く無さそうです。 (漫画に倫理も何も…と私自身思うのですが、苺ましまろはほんとにダメでした。ジャンルは全然違いますが、BLACK LAGOONが合わないと思った時の感覚に似ています) ふら・ふろも寝る前に読むのに良さそうです(*´ω`*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:38
「男子高校生の日常」全7巻(山内泰延)
【あらすじ/感想】 「可愛い女子高生のゆるい日常漫画とか描いとけば売れるんでしょ?」という風潮に対する アンチテーゼ的な作品……かどうかは定かではありませんww しかし、男子高生のどうでもいい日常ネタだけでここまで面白くできる作者の力量はすごいです。 そして男ばかりだからと言って「ある特定の層」にアピールすることもなく、 純粋なネタの面白さで勝負する姿勢にも好感が持てます。 あ、ちなみにメインの3人の名前は最後まで覚えられませんでしたwww (これもある意味すごいw) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:12
道士郎でござる(西森 博之)
いつも通りの西森的展開。不良とチンピラとヤクザが出てきてわーわーやってる感じですw この人はこうゆう漫画しか描けない気がしますが、面白いのでまぁいいとします。 次は「お茶にごす。」を読もうかな(*´ω`*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:10
ザンガード(柴田ヨクサル)
【あらすじ/感想】 ハチワンダイバーの番外編っぽいやつを借りてきました。 内容は…うーん…w 将棋をやってないので正直あんまり面白く無いです。 作者の大きなお友だち趣味全開でちょっと…って感じw オススメはしませんwww ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:09
「医龍」全25巻(乃木坂 太郎 )
【あらすじ/感想】 1巻からすでに面白い稀有な作品。 途中主人公の朝田先生がフラフラしだして中だるみを感じますが、 ラストは素晴らしいスピード感。 ちなみに私のイチオシは研修医の伊集院くん。 「凡人」が成長する姿は最高ですね。本当の主人公は彼かも。 紛れも無い名作です。オススメ!(*^-')b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:03
「未来日記」全12巻(えすの サカエ)
【あらすじ/感想】 11巻で重要な核心部分が明らかになり、「えー…」って思いましたw この作品はキャラといい設定といい、デジャヴを感じまくりなのですが、 まぁ「あらゆる作品は模倣である」みたいな言葉もあることですしw 私は深く考えずに「面白いかどうか」で判断したいと思います。 未来日記、面白かったです。結末も妥当だと思います。 ちょっと読んでみて面白いと思ったら最後まで読んで損はないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:02
アイアムアヒーロー(花沢 健吾 )
ゾンビがわらわら出てくる系のよくあるパニックホラー作品。 よくある設定だけど引きつけられるものがあってグイグイ読んじゃいます。 グロイの苦手な人にはオススメしませんw 「GANTZ」や「進撃の巨人」が好きな方は気に入るかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 21:01
ばくおん!! 1巻(おりもとみまな)
まずはこいつを見てくれ。どう思う? http://blog-imgs-46.fc2.com/y/a/r/yaraon/news_large_bakuo... (すごく…けいおんです…w) 最近ののダークホース。 恥ずかしげもなくあからさまにけいおんをパクってますwww さすが秋田書店…何をやっても許されるんだな…w と思いつつも借りて読んでみたら普通に面白かったですΣ( ̄□ ̄lll) 私はバイクの知識はゼロなのですが、それでも笑わせてもらいましたw 「バイ太」とか「ニコイチモータ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:56
鬼灯の冷徹(江口 夏実 )
【あらすじ/感想】 地獄の閻魔大王のイケメン補佐官・鬼灯(ほおずき)が主人公のギャグ漫画。 うんちく漫画としても面白いです。 セイントおにいさんが好きな方にオススメ。 女性も楽しめる青年漫画だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:55
アオイホノオ 1巻(島本和彦)
フィクションとか言いながらあだち充とか高橋留美子とか庵野秀明とかを実名で出しちゃう作者の自伝にしか見えない2〜30年くらい昔のオタク大学生漫画。 私は世代が全然違うのですが、それでも楽しめました。 島本さんは今の時代にあの生きた化石のような絵柄と表現で漫画を描いちゃうところがいいですね。 逆になんだか新鮮ですw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:52
タケヲちゃん物怪録 1巻(とよ田みのる)
「友達100人できるかな」のとよ田みのる作品ということでレンタル。 不幸体質のタケヲちゃんと妖怪屋敷の住人とのハートフルコメディ。 ノリはいつものとよ田みのるです。 が、正直今回はオススメというほどではないです。 対象年齢が心なしか下がったような… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:51
百舌谷さん逆上する 8巻(篠房六郎)
前作「ナツノクモ」に続き、本作も設定を活かしきれずもったいない漫画になってしまいました。 わりとどうでもいいエピソードに脱線して暴走して、読者が置いてけぼりになって、 しかもそれが結構長いからストーリーを忘れて追いきれず、 内容はそんなに難しくないはずなのに表現がごちゃごちゃしてるから読んでてよくわからなくなりますww ただ、8巻を読み終えるとすっきりして謎の感動があります。 これで一度リセットして本筋に戻ってくれるといいのですが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:49
あさひなぐ1〜6(こざき 亜衣)
【あらすじ/感想】 薙刀漫画。 マイナー競技にスポットを当てて初心者の主人公の成長を描く新定番の設定。 読む前から面白いんだろーなーと思ってましたがやっぱり面白いです。 出てくるのは女子ばかりですが、どちらかと言うと少年漫画のノリに近いので、 男性にも女性にもオススメできる良作です。 ちなみに萌え要素も百合要素もありませんw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:48
「空が灰色だから」全5巻(阿部共実)
【あらすじ/感想】 うかつに人にオススメできない傑作短篇集! はっきり言って病んでますw 一時期ネット上で話題になった(?) この漫画http://omasoku.blog90.fc2.com/blog-entry-514.htmlを描いた人の作品です。 上記の漫画の印象が強かったので警戒していたのですが、 「空が灰色だから」は意外とポジティブでした。私から見たら、ですがw しかし、このストーリーを週間でポンポン描いてると想像すると… いろんな意味で怖いですね…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:44
第七女子会彷徨 1巻(つばな)
【あらすじ/感想】 メインキャラの性格と会話のテンポが「それ町」に激似です。 プロとしてそれはどうなの?ってレベルの似方ですが、 それ町の石黒先生公認の雰囲気なのでこれ以上突っ込むのはやめますw (作者は石黒先生の元アシスタントというウワサです) なおSFネタは非常に面白いです。 それ町のミステリネタより面白いかも。 それだけにキャラにオリジナリティがないのが惜しいです。 でもこのキャラだからこそSFネタが引き立つ気もするわけで… 結論! 「七女は石黒先生公認のそれ町SF版」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:43
それでも町は廻っている 10巻(石黒正数)
安定した面白さです。もったいないので毎日少しづつ読んでます(*´ω`*) ゆる〜い感じだけど、物語が完結したら、分かる人にだけ分かる仕掛けとかがありそうな作品です。 サザエさん時空で話が進んでるのかと思いきや、 時系列をシャッフルしていたと知った時は驚きました。 そういう謎解きは賢い人達に任せて私はゆる〜く楽しみたいと思いますw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:40
あねちゅう!溺愛悶絶美奈子さん(青稀 シン )
なんで私こんなのばっかり読んでるんでしょうかね…(´・ω・`) 「ウオオオオオオ!イェスイェスイェス!!」で有名なマジキチブラコン漫画です。 これまたいけない漫画ですが、個人的には面白かったです…(*´ω`*) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:37
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(谷川ニコ)
【あらすじ/感想】 これはいけません!危険な漫画です>< いわゆる「喪女を愛でる漫画」だと思うのですが、 読んでると「イタタタ!痛い!もうやめたげて!(´;ω;`)」てなります。 (いや、面白いんですけどねw) 主人公のもこっちは容姿的にも行動的にも明らかに可愛くないのですが、 読んでるとだんだん可愛く見えてくる…?気がします… とりあえず、辛い青春まっただ中の女の子は決して読んではなりません。非常に危険ですw 取り扱い注意…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:36
妖狐×僕SS 7巻(藤原ここあ)
今日の漫画は昨日買ってきたいぬぼく7巻です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:34
「ハイスコアガール」1〜5巻(押切蓮介)
【あらすじ/感想】 <1巻> 「でろでろ」で一部の漫画好きな人々に好評価されている押切さんの ちょっとレトロなアーケード・ラブコメディーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:31
絶対可憐チルドレン(椎名高志)
【あらすじ/感想】 私は「GS美神 極楽大作戦!!」が大好きだったんですけど、 「絶対可憐チルドレン」の方は主人公が子供とゆーことで今まで敬遠してました。 ・・・が!これは面白いです!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:28
「惑星のさみだれ」全10巻(水上悟志)
【あらすじ】※裏表紙から要約 平凡学生の雨宮夕日はある日現れたしゃべるトカゲに 地球の危機を救う協力を依頼される。 聞けば、今地球は魔法使いの「ビスケットハンマー」に砕かれつつあるという。 拒否するも、突然敵に襲われた夕日を助けたのはお隣の女子高生・さみだれ。 救世主かとおもいきや実は彼女は地球破壊を企んでいた。 彼女に惹かれ忠誠を誓った夕日は軟弱騎士として日々奮闘中・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:24
竜の学校は山の上(九井諒子)
【あらすじ/感想】 「勇者が魔王を倒した後、魔王の城はどうなる?」 「現代の日本にケンタウロスがいたら?天使がいたら?竜がいたら?」 この作品は、ファンタジーを現実的に描いた独特の雰囲気を持つ短篇集です。 そこから生まれるユーモアと哀愁がいい味出してます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:21
「友達100人できるかな」全5巻(とよ田みのる)
【あらすじ/感想】 今日の漫画は友人におすすめしてもらった、 とよ田みのるの「友達100人できるかな」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/24 22:06

トップへ | みんなの「少年・青年漫画」ブログ

漫画レビューブログ:カピ原温泉 少年・青年漫画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる