アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「☆3」のブログ記事

みんなの「☆3」ブログ

タイトル 日 時
「さよならソルシエ」全2巻(穂積)
「さよならソルシエ」全2巻(穂積) 【あらすじ/感想】 ゴッホの弟テオドルスにスポットを当てた作品。 前作「式の前日」で新人らしからぬ技量を見せた穂積さんですが、 それに続く連載作品としてこれまた新人らしからぬ見事な題材選びとストーリー運びを! 既に「少女漫画で実力を付けた後に青年誌に移籍したベテラン作家」級の風格が出てます。 な、何者…?( ゚д゚) 1巻では人々のイメージからかけ離れたゴッホ像で意外性を演出しましたが、 最終巻である2巻ではそのゴッホ像と史実とをどうやって一致させるかがポイントとなりました。 何... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/12 22:05
「群青戦記」1(笠原 真樹)
「群青戦記」1(笠原 真樹) 【あらすじ/感想】 部活動が盛んなスポーツ強豪校がまるごと戦国時代にタイムスリップするという設定。 つまりは「戦国自衛隊」ならぬ「戦国運動部」! よくあるタイムスリップものに異種格闘技戦というか一種の能力バトル的要素をぶちこんだ美味しすぎる設定!これで面白く無い訳がありませんw そして主人公は弓道部員であると同時に歴史マニアであることもポイント。 歴史知識のアドバンテージがどう物語に影響していくのかが非常に楽しみです。 ただ…「武士と様々な運動部員がガチの殺し合いをしたらどうなるか?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/28 22:45
「ふだつきのキョーコちゃん」1(山本崇一朗)
 「ふだつきのキョーコちゃん」1(山本崇一朗) 【あらすじ/感想】 ツンデレ妹人外コメディ。 シスコンヤンキー札月ケンジの妹キョーコは普段はツンツンでそっけない感じ。 ところがリボンがほどけると封印されていた「キョンシーの吸血衝動」と「お兄ちゃん大好き衝動」が開放されて素直にデレつつ噛み付いてくる…という設定。 兄ケンジはシスコンではなく、妹に近づく男がうっかりリボンをほどいてキョーコに襲われるのが心配だと言い張りますが…どう見てもシスコンですw 「ツンツン→リボンが解けてデレながら襲いかかってくる→リボンを結んで封印→キョーコが本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/17 22:58
「バベルの図書館」(つばな)【考察あり】
「バベルの図書館」(つばな)【考察あり】 【あらすじ】 「ある不思議な能力」を持つ渡瀬くんと、天使の存在を信じる相馬さん。 ある日二人が一言一句まで同じ作文を書いたことから物語が始まった… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 23:46
「日々蝶々」1〜5(森下suu)
「日々蝶々」1〜5(森下suu) 【あらすじ/感想】 学校一の美少女すいれんが硬派で不器用な空手部の川澄くんに助けられ気になり始め… という王道少女漫画。 すいれんも川澄くんもコミュ障レベルで異性と上手く話せないのがポイントです。 特にすいれんは最初の頃は「フリフリ」と「こくり」しかできないレベルですが… 表情から心情がとても良く伝わってきます。 不器用すぎる二人がどう頑張るのかが見どころ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/25 20:02
「食戟のソーマ」1〜3( 原作:附田 祐斗, 作画:佐伯 俊, 協力:森崎 友紀)
「食戟のソーマ」1〜3( 原作:附田 祐斗, 作画:佐伯 俊, 協力:森崎 友紀) 【あらすじ/感想】 庶民の定食屋の息子・創真が卒業到達率10%以下の超絶エリート料理学校に入学し、 頂点を目指すというストーリー。 展開にも料理にも目新しさは感じられないけど王道で楽しく読めます。 ちなみに作品の特徴は女の子が料理を食べた時のイメージ映像がエロいことw あとまずい料理だと変なイメージ映像になるのはちょっとだけ新しいかも。 ゴリラと混浴するイメージ映像はちょっと笑いましたw ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 20:12
「竜のかわいい七つの子」(九井諒子)
「竜のかわいい七つの子」(九井諒子) 【あらすじ/感想】 リアリティのあるファンタジーが生み出すユーモアが持ち味の作家。 現実世界に人魚がいたらその人権は? 狼男がいたらその日常生活は? 超能力者がいたら名探偵の推理はどうなる? などなど、新人にも関わらず完全に自分のスタイルを確立しているのがすごいです。 本作品集は他作品の題材を九井諒子流に料理したらこうなる、 というやり方もちょこちょこやっていてパロディ的な面白さもあります。 前作「竜の学校は山の上」も「動物のお医者さん」や「銀の匙」の九井流アレンジなのかもですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 21:52
「ライアー×ライアー」1〜4巻(金田一蓮十郎)
 「ライアー×ライアー」1〜4巻(金田一蓮十郎) 【あらすじ/感想】 <3巻まで> 20歳のヒロインが渋谷で女子高生のコスプレして遊んでたら 血の繋がってない弟に惚れられちゃった!というストーリーw 状況に流されてとはいえ主人公は結構弟君に酷いことしてますが…面白いですw キャラはそれほど魅力的ではないのですが、設定と展開が面白かったです。 好みが別れるかもですが、読みやすくて私は好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/02 19:02
「帝の至宝」1〜4巻(仲野えみこ)
「帝の至宝」1〜4巻(仲野えみこ) 【あらすじ/感想】 中華風世界観の身分差&身長差ラブコメディ。 買おうかどうしようか迷ったあげく、とりあえずレンタルしました。 内容はまさに正統派白泉社恋愛ファンタジー。 こういうのが好きなのですよ、私は(*´ω`*) 枕元に置いておきたい一冊。 さて、買おうかどうしようか…うーむ…w ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 21:25
「範馬刃牙」34〜37巻(完結)(板垣恵介)
 「範馬刃牙」34〜37巻(完結)(板垣恵介) 【感想】 憎むべき父との最終決戦。 母を殺した父は本当に憎むべき相手なのか。 強さとは何か。最強とは何か。 単純な戦いでこれを決着させなかったところが良かったです。 ある意味HUNTERXHUNTER的…と言ったら褒めすぎですが、似たところがありましたw 「範馬勇次郎と食事する」というギャグ回に見えた回が ラストへの重要な伏線になっているのもナイス。 勇次郎からダウンを奪った刃牙の頭を勇次郎が撫でようとし、 刃牙がそれを拒むシーンは今までを思うと胸に来るものがありました。 く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/19 16:40
曇天・プリズム・ソーラーカー(太田垣康男:原作、村田雄介:漫画)
曇天・プリズム・ソーラーカー(太田垣康男:原作、村田雄介:漫画) 【あらすじ/感想】 大学進学を夢見て町工場で働く主人公が大学生達と共にソーラーカーを作る物語。 結構重い設定が仕込まれていますが、うじうじし過ぎず前向きに頑張ってくれるので読みやすいです。 ラストはちょっとあっさりし過ぎかな〜と思いましたが、なかなかの良作だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:03
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~(吉本浩二:イラスト, 宮崎克:原著 )
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~(吉本浩二:イラスト, 宮崎克:原著 ) 【あらすじ/感想】 このマンガがすごい!2012の1位。ようやく読みました。 この漫画がすごいというより、手塚治虫がすごいという感想でしたw 特に原稿が全く出来てない状態で手塚先生がアメリカからアシスタントに電話で指示して… というエピソードがすごかったです。 漫画のネタになるようなとんでもないことを現実にやってのけるというのが… 「このマンガ」1位というのはどうかな、とは思いますが、読んどいて損はないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 21:01
「私は利休」全4巻(原作:早川光、漫画:連打一人)
「私は利休」全4巻(原作:早川光、漫画:連打一人) 【あらすじ/感想】 <1〜2巻> 「千利休が現代に生まれ変わったら?」 茶道漫画です。非常に面白いです。 不思議な事にあまり注目されていないようですが、 「へうげもの」や「ヒカルの碁」のような面白さがあります。 茶道というつまらなそうな題材ですが、ぐいぐい読ませる力を持っています。 やたら鑑定っぽいことをするので「ギャラリーフェイク」とか「開運!なんでも鑑定団」(TVですが)が好きな方はさらに楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:21
「スポ×ちゃん!」1〜2(竹下けんじろう)
「スポ×ちゃん!」1〜2(竹下けんじろう) 【あらすじ/感想】 ま た 秋 田 書 店 か w 「ばくおん!!」に続き我らが秋田書店がまたやってくれましたw 四文字系女子高生漫画。 しかもマイナー競技の部活立ち上げモノ。(スポーツチャンバラです) その上キャラ造形がばくおんよりもさらに「けい◯ん」に激似w が、しかし! これもまた結構馬鹿にできない面白さだったりします。 もしかしたら「あさひなぐ」より面白いかも…?w スポチャンという競技自体もその響きとは裏腹に結構奥深い感じです。 長剣、小太刀、槍、棒、盾などの多彩な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:15
「ハイキュー!!」1〜3(古舘春一)
「ハイキュー!!」1〜3(古舘春一) 【あらすじ/感想】 前から気になっていた+このマンガ2013の4位ということでレンタル! 清々しいまでの青春王道バレー漫画。 悪い意味でなく、スラムダンクみたいな面白さ。 ポジションの穴を埋める優秀な選手が都合よく後から出てくる展開もスラムダンクを彷彿とさせますが、週刊連載でテンポ良く読者を楽しませるにはキャラの地道な成長を描くよりもこちらが正解なのかも…。 とにかくストレスなくストーリーや試合がサクサク進み、 バレーという競技の面白さをしっかり描いている良作です。 読んで損なし!... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:02
猫背を伸ばして(押切蓮介)
猫背を伸ばして(押切蓮介) 【あらすじ/感想】 「でろでろ」の巻末おまけ漫画みたいなエッセイ漫画。 押切蓮介は私の中で「貢いであげたい漫画家ナンバー1」なので、 ヴィレヴァンで買ってきましたw 以前3軒くらい本屋さんを回って店頭購入を諦めていたのですが、 さすがはヴィレヴァン。表紙が見えるように棚に何冊かありました(((・ω・ノ)ノ 内容ですが、人を選びます。 私は好きなのですが、でろでろ巻末漫画がツボな人にしかオススメできませんw でろでろ連載中の筆者の私生活を垣間見れて面白かったです。 中でも美容室で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 22:00
鬼灯の冷徹(江口 夏実 )
鬼灯の冷徹(江口 夏実 ) 【あらすじ/感想】 地獄の閻魔大王のイケメン補佐官・鬼灯(ほおずき)が主人公のギャグ漫画。 うんちく漫画としても面白いです。 セイントおにいさんが好きな方にオススメ。 女性も楽しめる青年漫画だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:55
「惑星のさみだれ」全10巻(水上悟志)
「惑星のさみだれ」全10巻(水上悟志) 【あらすじ】※裏表紙から要約 平凡学生の雨宮夕日はある日現れたしゃべるトカゲに 地球の危機を救う協力を依頼される。 聞けば、今地球は魔法使いの「ビスケットハンマー」に砕かれつつあるという。 拒否するも、突然敵に襲われた夕日を助けたのはお隣の女子高生・さみだれ。 救世主かとおもいきや実は彼女は地球破壊を企んでいた。 彼女に惹かれ忠誠を誓った夕日は軟弱騎士として日々奮闘中・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/26 20:24

トップへ | みんなの「☆3」ブログ

漫画レビューブログ:カピ原温泉 ☆3のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる