漫画レビューブログ:カピ原温泉

アクセスカウンタ

zoom RSS 「群青戦記」1(笠原 真樹)

<<   作成日時 : 2014/02/28 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【あらすじ/感想】
部活動が盛んなスポーツ強豪校がまるごと戦国時代にタイムスリップするという設定。
つまりは「戦国自衛隊」ならぬ「戦国運動部」!
よくあるタイムスリップものに異種格闘技戦というか一種の能力バトル的要素をぶちこんだ美味しすぎる設定!これで面白く無い訳がありませんw
そして主人公は弓道部員であると同時に歴史マニアであることもポイント。
歴史知識のアドバンテージがどう物語に影響していくのかが非常に楽しみです。
ただ…「武士と様々な運動部員がガチの殺し合いをしたらどうなるか?」が描きたいのはわかりますが、そういう方向に持っていくためのストーリー運びがやや不自然であることと、やたらと残虐性を強調していることが残念です。
いくら戦国時代でもこの状況でいきなり斬りかかってこないでしょ…(^_^;)
とはいえ今後注目されていくことは間違いない、伸びしろの期待できる作品です。
ちなみに能力バトル的要素と残虐描写からテラフォーマーズを連想させられたのですが、検索してみたところ作者は「テラフォーマーズ」と「キングダム」の元アシスタントだったようです。

【評価】
☆☆☆ 星3
現時点では設定の面白さに引っ張られての星3。
今後の面白さはリアリティ(作者の知識と取材力)とイマジネーション(仕入れた知識を戦国時代という舞台でどう使うか)にかかっていると思います。
…が、弓道経験者の私から見ると少なくとも弓道については明らかに取材不足(もしくは画力不足)です。
主人公の特技ですらこれだと…少し心配になりますが…(^_^;)
個人的には「ホーリーランド」や「テラフォーマーズ」のように各スポーツに作者の解説が入ると面白いのではなんて思ってますw
それから作品がただの残虐能力バトルで終わらないためには運動部ではなく文化部の活躍がカギだと思います。
例えば料理部なら「信長のシェフ」みたいな活躍ができるし、茶道部を上手く使えば一気に政治の中枢に切り込む方法だって考えられます。
他にも美術部、天文部、写真部、化学部、吹奏楽部、ESS(英会話クラブ)などなど…
上手く使えば単体でもひとつの作品が描けそうな美味しい題材がゴロゴロありますね!
(1巻時点で主人公がまとめた部活動一覧表は文字が小さくて一部読めませんでしたが、美術部、茶道部、書道部、漫研などなど若干の文化部もいるようです。)
今後戦術レベルのバトル漫画から歴史を動かす展開に移行していくといいな〜と私は期待しています。

群青戦記 1 (群青戦記 グンジョーセンキ) (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2014-01-17
笠原 真樹


Amazonアソシエイト by 群青戦記 1 (群青戦記 グンジョーセンキ) (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【名場面ピックアップ】
(ブログに載せたくない感じの残虐描写が多いのでソフトなものを選びました(^_^;))
※教室で落ち武者?とエンカウント。「校舎がまるごとタイムスリップしたならその中に武士がいるのはおかしくない?」というツッコミは無しの方向でw
画像

※お決まりの展開ですが…まあこうなりますよね。
画像

※この感じ…どこかで…w(この先ポンポン仲間が死にそうな予感が…w)
画像


【試し読みリンク】(最初のカラーページは「もしかしてギャグなのか?」と思いましたがギャグではないですw)
※ニコニコ静画(ログイン必要ですがたくさん読めます)
http://seiga.nicovideo.jp/watch/mg70215
※集英社マンガネット(1話のみ)
http://www.s-manga.net/book/978-4-08-879739-7.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「群青戦記」1(笠原 真樹) 漫画レビューブログ:カピ原温泉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる