漫画レビューブログ:カピ原温泉

アクセスカウンタ

zoom RSS 「僕だけがいない街」1〜3三部けい

<<   作成日時 : 2014/01/15 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【あらすじ/感想】
尋常じゃなく面白いです。
もう少し早く読んでいたら「カピ原版このマンガ」の10位あたりに滑りこんでたと思います。
内容は一種のタイムリープもの。
主人公の身の回りに事故などの「悪い事」が起こるとき、
「それを防げ」と強制されるかのように事故の1〜5分前を何度も繰り返してしまうという設定。
主人公は制御できないこの現象を「再上映(リバイバル)」と呼んでいます。
こういう設定だと作品に緊張感がなくなってしまいがちですが、演出が上手く非常にスリリングです。
そして複雑になりそうな展開なのにとても読みやすくわかりやすいです。
つまりこの作品は「何度か読んで初めてどういうことかわかって面白い」という作品ではなく、
「一度読むだけで面白く内容も理解できるけど、つい読み返して確認したくなる」作品なのです。
これは複雑な物語を描く上で非常に大切なことであり、しかしなかなかできることではありません。
今まで全く名前を知らなかった作家さんですが、本当に読ませるのが上手いなぁと思いました。
1巻の引きも2巻の引きも上手くて、思わず3巻の発売日を確認してしまいましたw
オススメです!(*^-')b

<3巻感想>
http://nekoashi.at.webry.info/201402/article_9.html

【評価】
☆☆☆☆+ 星4.5
今最も続きが気になるSFサスペンス!各巻ラストの「引き」が超絶上手い!
伏線の張り方が若干甘い(例:18年前にも科学センターで加代と会っていたことは先に描いておくべき)ですが、そんな事は些細に感じるほどの読者を引き込む圧倒的表現力です。

僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2013-01-25
三部 けい


Amazonアソシエイト by 僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【名場面ピックアップ】
※「再上映(リバイバル)」の部分はついつい主人公悟と一緒に「違和感」を探してしまいます。
画像

※18年前の事件の真相に気づき始める母ですが…
画像


【試し読みリンク】
http://sokuyomi.jp/product/bokudakega_001/CO/1

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「僕だけがいない街」1〜3三部けい 漫画レビューブログ:カピ原温泉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる