漫画レビューブログ:カピ原温泉

アクセスカウンタ

zoom RSS 「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ)

<<   作成日時 : 2013/02/18 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【あらすじ/感想】
勉強嫌いの現代っ子サブローが戦国時代にタイムスリップして信長と入れ替わる話。
現代っ子の感覚がなんかイイ方向に働いて、
なんだかんだで史実通りに信長やってるのが面白いです。
「なんかゆるい信長」は新感覚で面白いのですが…
主人公サブローに明確な意思が無く、「信長が天下取らないと歴史変わってなんかまずいんじゃない?」くらいのノリで天下を目指すため、読んでいて全く熱くならないのが残念。
明智光秀が良い奴過ぎてどう収拾つけるのかは気になります。
信長のシェフと進み方が近いので見比べるのも面白いかも。
ネタバレ(?)したりしますけどw

【評価】
☆☆+ 星2.5

【おまけ:信長協奏曲・最終回予想】
※2巻くらいのネタバレが含まれるので本編読んだ人だけ見てね!
本能寺の変を陰で仕組んだ秀吉に追い詰められ、断崖絶壁から転落するサブロー。
絶体絶命の次の瞬間、彼は再びタイムスリップして平成の世に帰還した。
通りがかりの高校生から教科書をひったくったサブローは、
「なんだ…信長って天下統一してないじゃん…」と脱力。
その時、サブローの前を帰蝶そっくりの女性が横切る。
彼女を直感的に呼び止め、斎藤道三から預かった手紙を渡すと、
果たして彼女は道三が現代にいた頃の娘だった。
「あなたは一体…?」
「えーと…信長、やってました」
―完―


信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館
石井 あゆみ


Amazonアソシエイト by 信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「信長協奏曲」1〜7巻(石井あゆみ) 漫画レビューブログ:カピ原温泉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる