漫画レビューブログ:カピ原温泉

アクセスカウンタ

zoom RSS 「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎)

<<   作成日時 : 2013/01/31 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【あらすじ/感想】
現代の料理人が戦国時代にタイムスリップ。
あるある設定ですが面白いです。
こういうタイムスリップものは未来から来たことによるアドバンテージで主人公が活躍するのが王道ですね。
本作も主人公ケンが料理ひとつで人の心どころか政治や戦局さえ変えてしまうのが見どころです。
ただし、この作品のすごいところはただ単に昔の人間が知らない料理で驚かせるのではなく、戦国時代という食材も調味料も制限された時代で、食べる者の心を動かすために最も最適な料理をケンが作り出すところです。
つまり特筆すべきはケンの「相手の意図を汲み取り、最良の結果を実現する能力」の高さなのです。
未来の料理知識という武器もあるけど、力押しではなく心と技で勝負する主人公が魅力的です。
まさに空気を読める男ケン!w
そして歴史や料理についての読者の知的好奇心を満たしつつも、
エンターテイメント性が高く、ものすごく読みやすいのも素晴らしいです。
さらに!史実をところどころ知っている主人公が歴史に介入出来るのか・するのかという、タイムスリップものとしての面白さもあります。
「俺は森殿がいつ死ぬのかを知らない!」
と、ケンが大切な仲間についての史実を知らないことにはっと気付くシーンがまたいいです。
私も史実は調べずにケンと一緒にハラハラすることにしますw
おすすめの作品です(*^-')b

<追記>
5巻ぐらいまでは夢中で読んでいたのですが、最近はちょっと熱が冷め気味w
続けて一気に読んだほうが楽しめる気がします。

【評価】
☆☆☆+ 星3.5


信長のシェフ 1 (芳文社コミックス)
芳文社
2011-08-09
梶川 卓郎


Amazonアソシエイト by 信長のシェフ 1 (芳文社コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「信長のシェフ」1〜8巻(原作:西村ミツル、漫画:梶川卓郎) 漫画レビューブログ:カピ原温泉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる