漫画レビューブログ:カピ原温泉

アクセスカウンタ

zoom RSS 町でうわさの天狗の子(岩本ナオ:flowers)

<<   作成日時 : 2012/12/24 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【あらすじ】
天狗と人間のハーフだけど、ちょっと力持ちということ以外はごくフツーの女の子・秋姫の恋愛やらなんやらを描いたほのぼのファンタジー。

【感想】
キツネやタヌキがしゃべったり、天狗が山に住んでるってことが普通に町の人たちに受け入れられていて、なんとも独特な、それでいて心地よい世界観をもった作品です。
不思議なことに読んでいて時々ファンタジーであることを忘れてしまいますが、不意に超常現象が起きて、「ああ、そういえばファンタジーだった」と思いだしたりします。この違和感の無さがまたなんともいい感じです。

さらに登場人物が魅力的!
主人公の秋姫はちょっとアホっぽいというかとぼけた感じが最高にかわいいです(笑)
天狗の娘だから素質があるんだけど、修行して天狗(当然可愛くない)になるのは絶対に嫌だと思ってるところがいいですね。
でも憧れのタケル君と海でデートするためには、妖怪にちょっかい出されなくなるために修行しなくてはならないという…(笑)
オススメです!(*^-')b

【追記】
天狗の子、待望の9巻を買ってまいりました(`・ω・´)ゞ

一言で言うと期待通りの面白さでした♪
私の中で「迷わず買える新刊が待ち遠しい漫画ベスト3」に入ってるだけありますw

少女漫画のファンタジーって、方向性を見失ってマンネリ化することが多い気がするんですが、
天狗の子は上手いですね。
最近の天狗の子は、ファンタジー部分の「変化」と恋愛部分の「変化」の2本立てで盛り上げてるんですけど、ほんとに面白いです。
引き伸ばし感が全くなく、挟んでくる小ネタも面白く・・・
もうちょっと知名度が上がってもいいと思うのですがw

ああ、新刊が待ち遠しい・・・(´・ω・`)

【追記2】
ついに完結しました!
少女漫画にしては珍しく(失礼w)ちゃんとファンタジー部分が練られていたのが好印象でした。
ちゃんと結末を考えた上でのタケル君のキャラ設定だったんだなぁ…と。

【評価】
☆☆☆☆ 星4(加点0.5)
この作品独特の表現力で加点0.5点です。
登場人物の心情を表情だけでなくコマ割りや構図・アングルで伝えるのが非常に上手いです。
なんてことないシーンでちょっと泣きそうになったりする不思議な漫画です。



町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)
小学館
岩本 ナオ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
町でうわさの天狗の子(岩本ナオ:flowers) 漫画レビューブログ:カピ原温泉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる